<< バスクのトルティーヤ?「Tal... 「Marianne Hirig... >>

仔豚形のガトーバスク

b0189215_14315461.jpg前々回のブログで 『ガトー バスク博物館の
マリシュラール氏によれば「ガトーバスクの起源は17世紀に遡り、元々はガルニチュールの入っていないもので、生地はトウモロコシ粉とラードが使われ、しばしば小さな豚の形に成形されていた』 ことを書きました。







b0189215_14271367.jpg「仔豚形のガトー バスク」というと、中身の入った現代のものを想像して「?」と思ってしまいますが、そうではなくて、中身が入る前のガトーバスクのことです。 

その当時のルセットは残っていないので実際にどんなものだったのかは
不明ですが、その面影を残している「小さな豚ちゃん形のガトーバスク」が
Saint Pée sur Nivelleにあるお店で売っていると言うので、いつか行きたいなぁと思っていました。 

それが数年後、トウモロコシを挽くMoulinの取材でこの街を訪れる
機会があり、ようやく願いが叶ったのです♪

b0189215_14422345.jpg店の名前は「Maison Pereuil」。
1876年創業、5代に渡って母親から娘へと引き継がれてきたお店だそうです。

5代続くというと、Marianne Hirigoyen同様に歴史もあることですし、ここのスペシャリテであるガトー バスクやサブレも現代のものとは違う、家庭で作られていた当時の味を感じさせてくれるに違いないと
期待も高まります♪

b0189215_14442813.jpgお店へ入るとオーナーと思しき女性(5代目のTittia)が迎えてくださいました。

さて、仔豚ちゃん形のサブレの名前はバスク語でXERIA
この文字は同じスペルで2種類の発音があり、シェリア=petit cochon(小さい豚),セリア=grand cochon(大きい豚)
意味も変わると教わってビックリ!
因みにこれ、サブレにしてはちょっと大きめですが(鼻からお尻までで18cm)仔豚ちゃんを象っているそうなので「シェリア」ということなりますね^^


サブレと同形の真っ赤な仔豚を貼りつけた缶に入っているところがカワイイのです~。

小さなサクランボ入りのガトーバスクとサブレを1枚買ったら、残り生地を利用して作ったサブレ(大きく焼いて適当な
大きさに割った感じのもの)をおまけにくれました。(こういうところも家庭的な感じでまた素敵!)
b0189215_14472373.jpgb0189215_14481434.jpgb0189215_144934.jpg
ここのガトーバスクは、訪れるちょうど2週間前にカンボ レ バンで行われたガトーバスクのコンクールに
入賞したとか。

またいつかお話を聞きに訪ねてみたいナ~。

2014年10月からは5代目Tittiaの従弟であるEmmanuel Yanci氏が6代目として店を引き継いでいます。



※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2010-06-23 15:06 | ②Aquitaine | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/13498047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by paris-antique at 2010-06-24 21:03
うわ~子豚ちゃん、トレミニョ~ンですね!
こんなにかわいかったら,食べれず飾ってしまいそうです ^^

でも5代続いているってすごいですね!
綺麗なお菓子を作るお店が増えている中で,昔ながらの伝統的な
お店がずっとずっと続いてくれます様にといつも想ってしまいます。

↓ガト-バスクの会・・・したのですよ~ ^^
募集する前に定員いっぱいになってしまって告知も出来なくって。。。
しかも、ぼんやりしている間に終わってしまいました(笑)
やはり引き籠もりが一番ですね! ^^
Commented at 2010-06-25 08:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2010-06-25 18:18
◎parisさま♪
仔豚サブレなんて珍しいですよね。
こんな小さな町で代々続いているなんて素敵ですよね。
バスクだからきっとこれからも続いていくはず(そうなって欲しい!)

え~~~ガトーバスクの会、すでに開催されていたのですかー!
あーん、ガックリー。
parisさんの100%ガトーバスクを食べるのが夢だったのョ…(涙)
第二回なんてしないですよね?やっぱり。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2010-06-25 18:21
◎鍵コメさま♪
コメントありがとうございます!
ふふふ、ガトーバスクコンクール、いつか行ってみたいものですよネ♪
Commented by M at 2013-04-07 11:21 x
仔豚形のガトーバスク、これは欲しいですねぇ。
おまげのサブレも美味しそうです。いいなぁ〜。
5代も母から娘へと続いてるのも素敵ですよね。
何か売りかたも缶に入って可愛いなぁ〜。素敵なお店ですね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-08 09:17
Mさん このお店はその歴史といい、商品といい、冷蔵ケースのない内装といい、私好みでした^^またじっくり伺いたいです。
Commented by M at 2016-05-31 16:36 x
仏蘭西菓子研究所を見て、懐かしくなり、また、見に来ました!
テレビに出ていたエマニュエルさんが6代目になったのですね!
仔豚のサブレとガトー・バスク、ここのを食べたいですね!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2016-06-03 11:40
Mさん お店へ伺えないうちに世代交代していましたが、いつかまた食べに行きたいものです♪
<< バスクのトルティーヤ?「Tal... 「Marianne Hirig... >>