<< 日本で買えるオリジナルフェーヴ... フェーヴ工房見学 Nigon ... >>

日本のオリジナルフェーヴ

今回は日本でオリジナルのフェーヴ(日本製)を使っているお店+α をいくつかご紹介したいと思います。

まず最初は「fraoula フラウラ
b0189215_20361084.jpg「シェフ自ら手作りしたフェーヴ」というのはココ以外
聞いたことがありませんので最も珍しい、
貴重なフェーヴと言えるのかもしれません。

東京世田谷の「フラウラ」では、桜井シェフのお手製
フェーヴがガレット・デ・ロワに別添えされています。
1つ1つにシリアルナンバーが刻印してあるところも
またいい感じ。
今年初めて購入できたので持っているのは2010年の輪っか形フェーヴのみ。
何をイメージされたのでしょうね。

b0189215_20394795.jpg 過去のフェーヴは2007年がマカロン、2008年が円形でヤドリギのレリーフ、2009年が円形でサクランボのレリーフ。どれも白いのが特徴的。
残念ながら、以前のフェーヴはどんなものだったのか分からず…。
(どなたかご存知の方、教えていただけると嬉しいです♥)

→ 今年のフェーヴ


次は東京吉祥寺の「Pâtisserie A.K Labo パティスリー エーケーラボ
b0189215_20583914.jpg2007年からオリジナルフェーヴを作っています。
セラミックデザイナーのMOEさんが作るフェーヴは
少し大き目の空豆形。色や文字等が毎年変わります。
全種類のフェーヴが箸置きとして使われているお蕎麦屋さんがあるのだそうで、確かにぴったりの大きさ!

b0189215_22413767.jpgb0189215_22431113.jpg→ 左が2010年、右が2008年のフェーヴ

b0189215_1518516.jpgb0189215_1519814.jpg← 左が2007年、右が2009年の
フェーヴです。
MOEさんに写真をご提供いただきました。
有難うございます!
カワイイー♪


そして沖縄の「Atelier de pâtisserie naruru Okinawa アトリエ ドゥ パティスリー ナルル オキナワ
陶磁器の製造販売をしているdeccoさんが毎年制作しているとのこと。
2010年はピーナッツの莢形。2008年はボタン形でいずれも白いフェーヴです。
こちらのガレットはまだ買ったことがありませんので、写真はありません。naruruさんのブログから写真をご覧ください。
来年はぜひ買わねば!です。

こちらもまだガレットを買ったことは無いお店ですが、
千葉県の「Le jardin du Soleil ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ」では砥部焼の工房で作られています。
b0189215_21304596.jpg2009年と2010年と同じ黄色いフェーヴ(写真左)
2008年(写真中)と2007年は青く四角いもので、
Fの文字が入っています。
1つ1つが同じ形ではなくてアバウト。
そして2007年の方が大きめになっています(写真右)。

最後に日本での扱いはありませんが、日本製のフェーヴを使っているのが「TORAYA Paris とらや パリ店」。
b0189215_215143.jpg初めてフェーヴを作った2008年はリモージュ焼で有名なBernardaud;
ベルナルドー社製)でした。(ベルナルドーに依頼したのはパリでお店同士が近所にあり、以前から交流があったことがきっかけのようです)

b0189215_2149937.jpg翌年の2009年と2010年は共に日本製。
愛知県のceramic japan セラミック・ジャパンという会社が
製造しています。
2010年は「好文花」という新春の和菓子、
2009年は「兎饅」を象ったものでした。
来年はどんな和菓子になるのでしょうね。楽しみ♪
b0189215_21595166.jpg
→ 2009年のフェーヴとモデルになった兎饅


またお菓子屋さんがガレットに入れて(又は別添え)いるものではありませんが
galerie doux dimanche ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ」という雑貨屋さんのフェーヴ、こちらも日本製です。
フェーヴに詳しい方は同じデザインのフェーヴを見たことがあるかもしれません。
b0189215_22335515.jpgMoyet-Perrin(Aria)社がエッフェル塔完成後(1889年)、100周年を記念して作られたフェーヴが元になっていますが、古いフェーヴを参考にしたものの、どこのものかは
ご存じなかったとか。
長崎県にある西海陶器株式会社が制作した、波佐見焼の
白くて美しいフェーヴです。
このお店ではフランスを中心としたクリエーターの作品が扱われていて、その中には以前エルメのフェーヴをデザインしていたtsé&tsé(ツェツェ)のものも♪ 
またフェーヴを作って貰えたら最高なんだけれどなぁ…。

↑ 赤い紐の結んであるのが日本製のフェーヴで、それ以外はMoyet-Perrin
 


b0189215_22244945.jpgそれから、陶芸作家の北原裕子さん
西荻窪の「galerie non」さんからの依頼で2007年初からフェーヴの制作を開始。1つ1つ手作りされた温かみ溢れる作品です。
現在ではこのお店の他、神保町の「AMULET」、吉祥寺の「横丁ギャラリー」でも販売されているそうです。
古いフェーヴをイメージして作られたとのことですが、
彼女の作品にはそのままフェーヴに出来そうな小さな作品も沢山あってワクワクします。


こういうフェーヴが実際にガレットの中に入っていたら素敵ですよね~。
(自分でガレット焼く時に入れるのも楽しい♪)

こうして挙げていくと、地元の陶芸作家さんや工房に作ってもらったオリジナルの日本製フェーヴを使っているお店が他にももっとあるんじゃないかと思えてきますし、今後増えるといいなぁと期待しています(見つけたら教えてくださいね♪)。
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2010-08-22 22:51 | feve | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/13824118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chihiring at 2010-08-23 20:01
すごい、こんなに調べてあるなんて~!!
フラウラの桜井シェフは、お友達がすごく仲良しなので、一緒に行くといろいろお話伺えるのです~昔のフェーヴのこと質問しておきますね!世田谷で、行きにくいのが難点ですが、、フランスのお味プラス個性をすごくだせれていて、とっても素敵なパティスリーですよね!!とにかくヴィエノワズリーも最高なのです~
Mさまとのフェーヴ談義、絶対シェフ喜びます!ご一緒したいなぁ。
そして、TORAYA parisのフェーヴも素敵ですね~ガレット・デ・ロワはどんな感じのなのですか?
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2010-08-23 23:55
◎ chihiringさん♥
日本製のフェーヴもなかなか素敵ですよね。
フラウラのシェフとお友達が仲良しとは♪ 是非とも今までのフェーヴリスト(画像付きなら完璧)をお願いします。今年のは何をかたどったものだったのかもネ!どんな風にフェーヴを作っているのか見学に行きたいワ♥
Commented by chihiring at 2010-08-24 23:18 x
たぶん、9月前半に行く予定になっているので、フェーヴリスト伺っておきます~画像もリクエストしますね。手作りなのか~!私も見学してみたい~リクエストしときまーす♪
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2010-08-25 11:23
◎ chihiringさん♪
きゃーよろしくお願いしまーす!来年用のフェーヴはもう作っているかもしれませんよね(既にできてるかも)。見学できるといいね♪
Commented by at 2011-01-15 01:40 x
初めまして。もうご存知かもしれませんが、フラウラの桜井さんのフェーヴの記事を楽しんで拝見しました。桜井さんが初めてフェーヴを作られたのは2001年のマディというお店の時です。筒状の白いフェーヴです。ご自分で焼かれています。別添えしたのに歯が折れたなどクレームがきて嫌になったとおっしゃっていました。2002年はフェーヴは作られていません。その後マディを辞められてフラウラをつくられたと思います。きっと日本人ではオリジナル・フェーヴを一番に出された方だと思います。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2011-04-23 22:55
◎晶さま、こちらこし初めまして。
マディの貴重なフェーヴ情報を頂き、ありがとうございます。
(なのに、今までコメントに気付かないままで大変失礼いたしました。本当にすみません)
今年の初め桜井シェフとお電話でお話しする機会があり、「マディ時代にもフェーヴを作っていた」とちらりと聞き、いつかもっと詳しくフェーヴのお話をお聞きしたいと思っておりました。この記念すべき1個目のフェーヴ、いつか見てみたいものです。
Commented by M at 2013-05-17 10:40 x
こんなに素敵なフェーヴが日本で作られてるんですね。
特に気に入ったのが陶芸作家の北原裕子さんのコレクションです。
古いフェーヴをイメージしてと言うのがいいです。
そら豆とエッフェルのも可愛くていいですね。
日本に居ながらガレット・デ・ロワが楽しめますね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-18 11:42
Mさん こだわりや思い入れのあるフェーヴはやっぱり素敵ですね。それが入ったガレットもより美味しく感じられるような気がします^^
<< 日本で買えるオリジナルフェーヴ... フェーヴ工房見学 Nigon ... >>