<< La Flaune;フローヌ Paques ; パック(復活... >>

復活祭の卵とウサギ

<復活祭と卵>
復活祭前のCarême (四旬節)は復活祭に洗礼を受ける人々の準備期間であり、回心と償いの期間。
4世紀、教会によって四旬節の間、肉やチーズ等と共に卵も食べることが禁止されました。
この時期にも卵は産まれますから、この間卵は保存しておくか雛に孵されたりしていました。
b0189215_17454517.jpg

* 2世紀頃、復活祭を準備する為に直前の2日間が断食の日と定られ、
3世紀になるとこの断食の期間はSemaine Sainte(聖週間;復活祭前の週)全体となり、
4世紀にはイエスの荒野での40日間の断食と試みに倣って復活祭に洗礼を受ける人々が同じ期間
準備をする期間となり、さらには教会全体も回心と節制をして復活祭を準備するようになっていきました。


b0189215_21335983.jpg一方で、卵は太古の昔から洋の東西を問わず、
生命と復活のシンボル。
新しい生命誕生のイメージから、春の訪れや復活祭を
表すのに最適なものでした。

色付けしたり、装飾を施した卵を贈る習慣は
キリスト教よりも古くから存在し、春の祭りに着色した卵を
食べたり贈る習慣があって、5000年程前のペルシャでは
春を祝う幸運の贈り物として卵が贈られていたと言います。

ヨーロッパでは13世紀頃から四旬節の終わりに
キリストのよみがえりの色とされる赤に彩色したり、
飾り付けした卵を贈り合う習慣が現れ、
このことは冬の節制の終わりを象徴していました。

アルザスでは1553年に「赤く彩色された卵の贈り物」に
ついて言及された資料が登場しています。
彩色した卵の贈り物はライン川流域の地域だけではなく、
フランス東部や中央の地域に広がっていきました。


<復活祭の鐘とウサギ>
復活祭前の聖木曜日と聖金曜日の2日間、つまりキリストの死から復活の日までの間、
喪に服するしるしとして鐘を鳴らさず、沈黙を守ります。

* 7世紀に教会は聖木曜日から復活祭の日曜日までの間、鐘を鳴らすことを禁止しました。

フランスをはじめとするカトリックのある地域では
「聖木曜日の夜に鐘はローマへ赴き、法王に祝別される」という言い伝えがあります。
復活祭の朝、鐘はキリストの復活の喜びを知らせるためにカリヨンを鳴らしながら戻ってくると言います。
鐘はローマで復活祭の卵を受け取って戻り、各家庭の庭へ置いて、それを子供たちが探しに行くのです。

* 復活祭の鐘は こんな風に移動したとされています。

b0189215_1749672.jpgドイツやアルザスでは鐘ではなく、
野ウサギやウサギが卵を庭に隠していくとされ、
復活祭とウサギが結び付けられるようになったのは
15世紀頃のことでした。

元々、古代各地の豊穣の女神は多くウサギと共に描かれ、
ゲルマン神話の春(豊穣多産)の女神Ostara ;オスタラ
(アングロ・サクソンのEostre ;エオストレ)も
多産・繁栄のシンボルであるウサギを伴って描かれています。

このウサギが復活祭と結びついたのです。



* 春の女神とウサギの画像はこちら


生命と春の訪れのシンボルである卵が多産・繁栄のシンボルであるウサギと結び付けられること自体には
それほど違和感は感じませんが、でも何故卵を産まないウサギが卵を持ってくるのでしょうか?
「春の女神Eostre ;エオストレが寒い冬のある日、翼の凍ってしまった可愛そうな鳥を見つけウサギの姿に変えてあげました。鳥の化身であるこのウサギだけは卵を産めるとされ、これが復活祭のウサギとなり、庭に置かれた巣に卵を産む」というお話があるようです。
(元々キリスト教がそれ以前の信仰を取り込んで生まれた話ですから、矛盾があるのは仕方のないことかもしれません)

日本でもウサギは1羽2羽と数える習慣があり、かつて獣肉の食用が禁止されていた時代にウサギを鳥とみなして食べていたそうですが、不思議な共通点を感じてしまいます^^

復活祭の卵を隠していくのは他にもスイスではカッコウ、チロル地方では雌鶏等々地方によって別の動物だったりして、何故その動物になったのかを調べるのも面白そうです。
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2011-04-24 22:02 | キリスト教 行事 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/15353267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from IKUIKUの愉しみ at 2012-04-21 06:46
タイトル : <ラデュレ>創業150年記念マカロンBOX・復活祭
<ラデュレ>創業150年記念 ★マカロンBOX~復活祭~... more
Commented by M at 2013-05-18 12:23 x
パックのウサギと卵の話し、興味深く読ませて頂きました。
多産・繁栄のシンボルであるウサギが卵と結びつけらたんですね。
ウサギが庭でお茶してる卵は素敵ですね。roiboitさんのですか?
最初のカルトもモノクロで素敵だなぁ〜。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-19 11:18
Mさん 卵は私のです^^カワイイですよね♪20世紀初めに沢山送られたポストカード、行事ものは特に好きです。
<< La Flaune;フローヌ Paques ; パック(復活... >>