<< 日本で買えるオリジナルフェーヴ... Berawecka ; ベラヴェカ >>

日本で買えるオリジナルフェーヴ付きガレットデロワ2012  その1

ガレットの季節はとっくに終わってしまい、今更ながらのガレット・デ・ロワ。
(とは言え、今でも朝食はガレット食べてます^^)

昨年は忙しくて結局up出来ませんでしたが最終的に35個購入。
フランス大使館でのガレット献上式で食べたものを合わせると実際に食べた種類はそれ以上
という新記録を達成してしまいましたが、今年はそれに比べるといたって少ない(?)24種類。
シーズンに少し早い11月にワンダフルハウスさんが特注されたMaison Wenikoのガレット3種類を加えると
27種類食べたことに…^^。

facebookにも少しupしましたが、こちらでも記録としてオリジナルフェーヴ付きを中心に
実際に食べたガレットをまとめておこうと思います♪

Sadaharu AOKI paris サダハル・アオキ パリ
b0189215_17395520.jpg

買ったのは<mâcha azuki マッチャ・アズキ
フェーヴはご存じショコロン形。私のところへ来たのはチョコレート色でした。
今回からスタンダードなクレームダマンドのガレットはお取り寄せできるようになって嬉し~い。


Frédéric Cassel フレデリック・カッセル
b0189215_17402240.jpg

昨年はフェーヴの到着と試作が間に合わず販売されなかったガレット。
今年は満を持しての販売となりました♪
しっとりしたクレーム・ダマンドにはバニラビーンズの粒が散らばっていて、香ばしく焼けたパイ生地も美味しい。
将来的にはフォンテーヌブロウにあるお店のように種類が増えて、更には配送もして頂けると嬉しいなぁ~と
担当の方にお願いしちゃいました^^。
フェーヴは本店と同じ「Chasse ;狩」シリーズで、私は「trompe de chasse ;狩猟ラッパ」をセレクト。
(狩猟ラッパの音は教会の鐘の音と同じくらい好き♥)

・興味がおありでしたらこちら↓をご参考ください(音が大きいので注意!)


Jean-Paul Hévin ジャン・ポール・エヴァン
b0189215_17433232.jpg

定番のガレット・ショコラも好きですが、毎年変わる新作ガレットの<ガレット・ピスターシュ>を購入。
大阪のお店で購入したこのガレットは広島から届いたものだそうで、せっかくの模様がちょっぴりぼやけている(涙)。
そしてフェーヴも完璧なオリジナルではなく、ロゴのみを印刷したもの。
b0189215_1755987.jpgb0189215_17552465.jpg
↑ 左からHévin,Bouillet(Lyon),Fidèle Berger(Chambéry)

b0189215_2305464.jpg

パリのお店ではPrunierとコラボしたフェーヴ(Jars社製)がガレット20個の中に隠されていて、
当たった人にはキャヴィア50gプレゼントというスペシャルな企画が行われていたそうな~♪


Johan ジョアン
b0189215_19111755.jpg

大阪にもお店が出来たので、神戸在住の私にも買いすくなりました。
いつもの定番ガレットですが値段も手頃で、味もあっさりしていて美味しい。
しかもフェーヴはオリジナル♪


Rihga Royal Hotel リーガロイヤルホテル
b0189215_19174078.jpg


クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ主催の2010年第8回コンテストで入賞した横山さんのガレット。
今年は初めて作ったというホテルのシャトルバス形のオリジナルフェーヴ付きで販売されました。。
表面のレイヤーとパイのホロホロ、サクサク感がすごい!
クリームにはバニラとビターアーモンドの香料が入っているような…。
(全体的にちょっと油っぽいかな?)


Dalloyau ダロワイヨ
b0189215_20483211.jpg

ダロワイヨのガレットは近頃非常に美味しくなっているし、年替わりのガレットもパリと同じものが作られ、
味も美味しいので毎年楽しみにしています。今年は<ガレット・オレンジ>を購入。
フェーヴはメタル製が多いのですが、今年は珍しく磁器製でしたね。


Ladurée ラデュレ
こちらも大阪にお店が出来たので自分で買いに行けるようになりました。
b0189215_205244100.jpg

年替わりのガレット<ガレット・ポワール>を購入。
ポワレした洋ナシとスパイスの効いたクレーム・ダマンドの風味がよく、
パイもサクサクで美味♪ルリジューズ形のフェーヴもカワイイー。


Fauchon フォション
b0189215_2144928.jpg

毎年大阪で購入していますが、いつも生地がしっかりと焼けていません。
今年はいい焼き色~♪と思ったのですが、切ってみるとやっぱり中の方が焼けていない…(残念)。
(次回は良く焼いて欲しいとお願いしてみようか…)
クリームは美味しいのになぁ~。


Henri Charpentier アンリ・シャルパンティエ
b0189215_22171896.jpg

昨年からオリジナルフェーヴを作り始めたアンリ。昨年もあったフィナンシェとクレープシュゼットに
今年は「ショートケーキ」と「テニシア」が加った4種類。
パイは少し脂っこく感じますが、クリームにはバニラ粒も多めに入っていて、
質も高い割に値段も手頃、美味しいガレットに仕上がっています。
(ビターアーモンドの香りが少し強めかなぁ)


CLUB HARIE クラブ・ハリエ
b0189215_22343087.jpg

滋賀県内の店舗のみで販売(配送は無し)されたガレット・デ・ロワ。
今年は初めてバウム・クーヘン形のオリジナルフェーヴが作られました。
バウム好きなので、たまらず草津まで電車でgo!
b0189215_22382713.jpgb0189215_2235721.jpg
フェーヴが中に焼き込んであって14号の小さいサイズもあるところがとても嬉しいのですが、
悲しいことにパイ生地がしっかり焼けていませんでした。
(他店舗で買った友人は美味しかったとのこと。運が悪かったみたい…涙)


                                                            <続く>


にほんブログ村 スイーツブログへ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-02-16 23:04 | feve | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/17815956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-04-29 13:13 x
全部、まだ、食べた事無いガレットばかりで圧巻ですね。
ジャン・ポール・エヴァンのガレット・ピスターシュは美味しそうです。
ラデュレのガレット・ポワールもいいなぁ〜。
サダハル・アオキパリのマッチャ・アズキも以前より、食べてみたいと思ってました。
何だか、年中ガレット食べた気分です!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-30 09:58
Mさん スタンダードなアーモンドクリームのガレットもよいのですが、これだけ食べているとやはりグランド・メゾンならではのセンスあるバリエーションガレットが楽しみになりますね^^
<< 日本で買えるオリジナルフェーヴ... Berawecka ; ベラヴェカ >>