<< Les Pruneaux de... 「Le dimanche de... >>

Le Nougat de Tours ; ヌガー・ドゥ・トゥール

Indre-et-Loire県の県庁所在地Tours ; トゥールのスペシャリテ「Nougat de Tours ; ヌガー・ドゥ・トゥール」。
b0189215_22304470.jpg
                     ↑ Le Livre Tournois(Poirault)のヌガー・ドゥ・トゥール

パート・シュクレに小さく角切りにしたフリュイ・コンフィと杏のジャムを敷き、アーモンドプードル・砂糖・卵白で出来た
マカロナードをかぶせ、表面に粉糖を振って焼いたタルトです。
本来はalberges ;アルベルジュと呼ばれる、種と果肉がくっついて外れない種類の杏から作るジャム、
confiture d'albergesを使いますが、オレンジ・マーマレード等も使われています。
* ヌガーというとヌガー・ドゥ・モンテリマールのようなコンフィズリーが思い浮かぶかもしれませんが、
このようなタイプのお菓子もヌガーと呼ばれます。
*Jules Gouffé (1807 – 1877)著「Le Livre de Pâtisserie」の中ではnougats d’abricots ;ヌガー・ダブリコ、
ブリオッシュ生地の上に杏のジャムを重ね、アーモンドスライス等を振りかけて焼いたヌガー等が掲載。
Pierre Lacam (1836 – 1902)著「Le Mémorial historique et géographique de la pâtisserie」では
同じnougats d’abricots ;ヌガー・ダブリコの名前で、ブリオッシュの代わりにパータフォンセを使用。


1998年から、このお菓子の販売促進活動を行っているConfrérie Gourmande du nougat de Tours ;
コンフレリー・グルマンド・ドゥ・ヌガー・ドゥ・トゥールのサイトによれば、
この菓子の最初のルセットは1865年頃に遡り、レストランオーナーシェフCharles BARRIER氏(故人)の蔵書の中にあったモナコ大公シャルル3世(1818-1889)の料理人が書いた本の中に見つけ、お客に勧めるお菓子があまり無かったことから1970年代に作りだしたのだとか。
*このコンフレリーでは年に一度、プロ向けのコンクールを開催。
b0189215_2239485.jpg
                           ↑ こちらは小さな1人前サイズ

パティスリーで販売されるようになったのは1992年で、最初に売りだしたのはPoirault;ポワローというお菓子屋さんだという話もありますが、真偽のほどはいかに?
(この店では「Le Véritable nougat de Tours(本物のヌガー・ドゥ・トゥール)」の名前で販売)
*「第二次大戦前に流行していた」という説もありましたが
美食家CurnonskyとAustin de CROZEの書いた「Trésor gastronomique de France(1933年)」という
フランス各地のスペシャリテについて書かれた本の中にはPruneaux fourrésは載っているもののヌガーは無し。



現在、伊勢丹新宿店で開催中のフランス展(4/18-23)では ルレ・デセールのメンバーでもある
La Chocolatière;ラ・ショコラティエールのヌガー&その他の商品が販売されていますね♪
(こちらは杏ジャムの代わりにオレンジマーマレードを使用です)
 


                                      ※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-04-19 22:46 | ⑦Centre | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/18162913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-04-02 15:57 x
アブリコのジャムって好きなのでこのタルト、好みです!
この様なお菓子もヌガーと言う名がつくのですね。
ヌガー・ダブリコも食べてみたいです。
お菓子の作り方を読むのも楽しいです。
私は実際は、クレープやパンケーキしか焼けない、買って食べるだけの人です。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-03 19:40
Mさん このお菓子は日持ちするのでお土産にもピッタリです。トゥールへ行ったら是非お試しを♪
<< Les Pruneaux de... 「Le dimanche de... >>