<< 瓦で焼いたお菓子 「Le Cr... Pentecôteのお菓子「L... >>

「Le Cion ;シオン」という名のお菓子

『L’Ascension(キリスト昇天祭)のお菓子 「Corniottes ;コルニオット」』のブログ(ココ)で名前だけご紹介した
お菓子です。

Le Cion ;シオン」はBresse louhannaise ;ブレス・ルーアネーズと呼ばれる地域のスペシャリテ。
フロマージュ・ブランを使ったtarte au fromage ;タルト・オ・フロマージュ、あるいは
flan au fromage ;フラン・オ・フロマージュの種類に入るお菓子です。
b0189215_10572535.jpg
                                 ↑ 焼き立てのシオン

* フランスには県など行政区分とは別に、自然地理区(region naturelle)と呼ばれる地域区分があり
地形などの物理的特徴や独自の文化的アイデンティティによって分けられている。
ブレス地区はローヌ・アルプ、ブルゴーニュ、フランシュ・コンテの各県にまたがり、
Bresse bourguignonne ;ブレス・ブールギニヨンヌ
Bresse de l'Ain ;ブレス・ドゥ・ラン
Bresse jurassienne ;ブレス・ジュラシエンヌと呼ばれる3つの地域に分かれる。
ソーヌ・エ・ロワール県の東部に位置するブレス・ブールギニヨンヌは
更に Bresse louhannaise ;ブレス・ルーアネーズとBresse chalonnaise ;ブレス・シャロネーズに分かれている。


スペルは「cion ;シオン」の他にscion, s’cion, shion等と書く場合もあります。

なんだかフランス語っぽくない、ちょっぴりカワイイこの名前^^
気になって色々と探してみたのですが、どうしてもその由来は分からず…。
他に「tarte au quemeau ;タルト・オ・クモー」という別名もあって、こちらの方は広い地域で見られる名前です。
* 同様のお菓子はフランス北東部で広く見られる。

quemeau ;クモ―」 と言う語はブレスの俚言で「フロマージュ・ブランと生クリーム或いは牛乳、卵を混ぜたもの」を
指し、甘味・塩味の両方に使用されます。
古くはパン生地で作ったガレットの上にのせて焼いていました。
* シオンは甘味バージョンのみ。別の地域には「Fra ;フラ」と言う名前で塩味バージョンが作られている。

作り方は地域や家庭によって変化はありますが、大体こんな感じ。
沸騰させた牛乳にセモリナ粉を入れ、濃度が出るまで煮る。
これを冷ましたものに、水けをきったフロマージュ・ブラン、砂糖、塩、卵を混ぜる。
パート・ブリゼを敷いた型に入れてオーブンで焼く。

これにフルーツ等を加えることはありません。


このお菓子、年中作られているというお話でしたが、
Louhans ;ルーアンでは取材させて頂いたPâtisserie aux Fiançailles ;パティスリー・オ・フィアンサイユ
でしか見つけることは出来ませんでした。
しかも「シオン」という名前では無くて「Flan Fromage blanc ;フラン・フロマージュ・ブラン」と言う
ごく普通の名前…。
せっかくカワイイ名前が付いているのにもったいない!
b0189215_1141768.jpg
                             ↑ ショーウインドー内のシオン


さて肝心のお味の方ですが…。
訪問時、タイミング良く焼き立てのホヤホヤがテーブルに♪
フロマージュ・ブランのあっさりとした味といくらでも食べられそうなくらいの軽さで、とっても美味しい!
(冷めると多少しぼむので焼き立ての方が見た目も美味しそうですが、冷めても美味)

この辺りは同じようなお菓子が、名前も様々に存在していて興味深いです^^



                                      ※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-06-01 11:12 | ⑤Bourgogne | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/18377398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-03-10 09:00 x
完全帰国してから10年程経ってますが、毎年フランスへ行きます。
ブルゴーニュは大親友が住んでおりまして、よく行きますが、
シオンってあるんですね知りませんでした。
タルト・オ・フロマージュの種類は大好きなので、今度行ったらパティスリーで見てみます。
ちなみに友達は、Paray le Monial パレイ・ル・モニアルに住んでます。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-03-11 10:08
Mさん
「シオン」の名前で販売されているのはまだ見たことがありませんので、見つけたら是非教えてくださいね。Parayにお友達がいらっしゃるのですね。「カクー」また食べに行きたいです^^
<< 瓦で焼いたお菓子 「Le Cr... Pentecôteのお菓子「L... >>