<< La fête de la S... 「Le Cion ;シオン」と... >>

瓦で焼いたお菓子 「Le Creusois ;ル・クリュゾワ」

Creusois ;クリュゾワ」はCreuse ;クリューズ県のスペシャリテ。
ノワゼット、砂糖、バター、小麦粉、卵白で作られるお菓子です。
b0189215_022960.jpg
↑ Le Creusois ;クリュゾワ、1人前サイズ

同県にあるタピスリー(タペストリー)製造で有名なAubusson ;オービュッソンでは20世紀初めには
Pâtisserie Passant-Robertの「la Noisettine aubussonnaise ;ノワゼティーヌ・オービュッソネーズ
(商標登録済)」と言う名前のノワゼットを使った焼き菓子が既に知られていました。

これらのお菓子の元となるお菓子の歴史は古く、
14世紀Crocq ;クロックの近くにある町La Mazière aux Bonshommes;ラ・マジエール・オ・ボンノム
あった修道院に始まると言います。

1969年この修道院の解体作業をしている際、古いフランス語で書かれた15世紀の古文書が発見され
その中に「窪みのある瓦で焼く菓子」のルセットが書かれていました。
当時クリューズ県菓子組合会長だったAubusson のパティシエAndré Lacombe氏と
彼の友人でCrocq のパティシエRobert Langlade氏がこれに手を加えて「Le Creusois ;ル・クリュゾワ」と
言う名前のノワゼットを使った焼き菓子のルセットを完成させ、販売を始めました。
* この古文書のコピーはクロックの観光局で見ることが出来ます。

彼らは県のスペシャリテ、旅行者がお土産に持ち帰ることが出来るような日持ちのするお菓子を作りたいと考えていたので、古文書発見は創作のいいきっかけになったと思います。

彼らは県内のパティシエ、ブーランジェ31人から成るL'Association Le Creusoisという協会を作り、
会員のみが同じルセットと容器を使って製造し、専用のラベルを付けて販売出来ると言う仕組みを作りました。
1972年には商標登録されています。
* L'Association Le Creusoisが「Le Creusois」のプロモーションビデオを作っている。


販売されている大きさは主に以下の3種類;
・1人前の小さなクリュゾワ(60g) 縁が波(菊)形になったアルミ容器を使用
・大きいクリュゾワ(360g)
・瓦で焼いたクリュゾワ(瓦込2,48kg)


私が初めてこの菓子に出会ったのは2000年、リモージュのLes Halles(屋内市場)でした(↓ コレ)。
b0189215_012231.jpg

正確には「Creusois ;クリュゾワ」ではなく、「Gâteau creusois ;ガトー・クリュゾワ」と言う名前でしたが、
Creuse県出身のパン屋さんが作るこの菓子はノワゼットとバターの豊かな香りで、中は柔らかく外がカリッとしていて美味しい!

「次は瓦で焼いたものが食べてみたい!」と思うようになり、6年後クリュ―ズ県の県庁所在地Guéret ;ゲレへ。
(Creuse県は初めての訪問♪)

Guéret には協会に加入しているお店は3軒あり、そのうちの2軒で3個購入。
シンプルな焼き菓子で同じルセットで作られているとはいえ、やはり違いがあって瓦(と言うか瓦風に作った専用焼き型)は平らな容器で焼いたものより厚みがあるので内層が柔らかく、見た目のインパクトもあって楽しい♪
b0189215_0185393.jpg

お土産に買って帰って皆で食べるにはぴったり!(日本まで持ち帰るのはいささか大変でしたが・・・汗)


考案されてから40周年となる2009年には、92歳となった考案者の1人Robert Langlade氏の自宅に
大勢の関係者が集まってお祝いをしたそうです。
* Robert Langlade氏の息子Christianが1998年にCrocq の店を継いでいる。


最初にリモージュで食べたものが美味しかったように「Le Creusois ;ル・クリュゾワ」の名前ではなくても
同様に美味しいものがあります。
検索すればルセットも出てきますから、ナッツ風味の焼き菓子好きの方は是非お試しを。



                                      ※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-06-17 00:37 | ⑭Limousin | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://leroiboit.exblog.jp/tb/18451988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-03-29 09:50 x
瓦で焼いたお菓子と言う題に引き込まれました。
クリュゾワ、ノワゼット、砂糖、バター、小麦粉、卵白のみでできてるんですね。
ノワゼット、好きです。香ばしいでしょうねぇ。食べたいなぁ。
箱に入ったのはお土産にいいですね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-03-29 11:16
Mさん 特に表面の部分がカリッとしていて香ばしくて美味しかったですよ~♪
<< La fête de la S... 「Le Cion ;シオン」と... >>