タグ:歴史的考察 ( 15 ) タグの人気記事

「紹介するに値する『パリで最も古いパティスリー』」その後…  その②

前々回のブログで1669年創業のパティスリー「Au Puits Certain ;オ・ピュイ・セルタン」が40bis rue Saint-Jacquesへ移転するまでのお話し、そして前回のブログでは移転後どうなったか?について書きました。

店名を「Rousseau et Seurre Traiteurs ;ルソー・エ・スール・トレトゥール」と変え22,rue des Martyrs
移転したわけですが、オーナーのPierre Seurre ;ピエール・スール氏退職に伴い、2011年2月に閉店したところまでのお話でした。

今回はその後について…


22,rue des Martyrs(マルティール通り22番地)という住所の現在については、大勢の方がご存知のことだろうと思います。
そう、Sébastien Gaudard ;セバスチャン・ゴダール氏の1軒目のお店、「Pâtisserie des Martyrs;
パティスリー・デ・マルティール
」になっていますね♪
9区在住で自身のパティスリーを開くために場所探しをしていたゴダール氏がこの店を手に入れ、2011年末に
オープンしました。

ファッショナブルなパティスリーだった「デリカバー」から、同じくパティシエだった父親が作っていたような古典菓子へと
原点回帰を果たし、さらに進化『Revisitée』させたゴダール氏が、ピエール・ラカンの流れを引き継いだジェラール・スール氏の店を手に入れたのは必然的なことだったのではないかとさえ感じます。

店内のショーケースにはPont-à-Mousson ;ポンタムッソンでパティスリーを経営していたゴダール氏の父Daniel Gaudard;ダニエル・ゴダール氏の考案したスペシャリテ「Mussipontain ;ミュシポンタン」をはじめとするクラシックな古典菓子が、シンプルながらも現代風でオシャレになって並べられ、伝統菓子継承者としてのゴダール氏の覚悟、心持が感じられるように思いました。
私のような古典菓子好きにはとても嬉しい~♪
b0189215_16553314.jpg
↑ Pont-à-Moussonの住人を指す男性名詞、「Mussipontain」と命名されたスペシャリテ



さて、開店からおよそ丸1年後の2013年、サロンデュショコラの為にゴダール氏が来日されました。
この時は仕事でご一緒させて頂きましたが、忙しくて雑談など出来る時間は無く…。
それでもゴダール氏が京都から関空経由で帰国させる日の朝、京都駅へお見送りに行った際、
ほんの少しだけお話しすることが出来ました♪
b0189215_1751013.jpg
↑ SDC来日時のGaudard氏

この時「ジェラール・スール氏が曾祖父ピエール・ラカンの貴重な蔵書をオークションにかけて手放してしまった」話や「自分も欲しいのが沢山あった」といった話しを聞き、ジェラール・スール氏の「ルソー・エ・スール・トレトゥール」という店が持っていた価値を改めて気付かされ、一度も(たぶん)訪れたことが無かったことを心から残念に思ったのでした(ここで働いたことのある日本人パティシエさんは結構いらっしゃるのでいつかお話を聞けたら嬉しいです^^)。
* こちらはオークション時のピエール・ラカン氏の蔵書リスト。全部で199点!さぞや多くの人の手に渡ったことでしょう。日本人で手に入れた人は居ないかなぁ。気になります♪

ところで皆さんは「パティスリー・デ・マルティール」の正面左側のところに『Succr Lacam Seurre』と金文字で書かれているのをご存知でしょうか。これは『ラカム スールの後継者』という意味です。
* 開店当初の写真を見るとこの文字は書かれていません。いつのタイミングで書き加えられたのでしょうか。
b0189215_15574592.jpg
↑ 『Succr Lacam Seurre』の金文字

「紹介するに値する『パリで最も古いパティスリー』」のことを調べていたら、そのパティスリーの系譜が今でも連綿と続いていることが分かったのでした。


フランス菓子古地図散歩はまだまだ続く…^^



※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ


おまけのお墓参り
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2016-09-01 17:27 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(3)

「紹介するに値する『パリで最も古いパティスリー』」のその後…  その①

前回のブログでご紹介した、1669年 rue du Mont Saint-Hilaire,16(モン・サン・ティレール通り16番地) (*)に創業された有名パティスリー「Au Puits Certain ;オ・ピュイ・セルタン」。
(*)現在のrue de Lanneau(ラノー通り)
お店の創業から228年後の1897年5月、当時の所有者Villez氏によって40bis rue Saint-Jacquesへ移転してしまいましたが、その後どうなったのでしょう?

現在この住所にパティスリーはありません。
b0189215_2235567.jpg
↑ 赤い矢印の建物が40bis rue Saint-Jacques

とはいえ、このパティスリーの流れが途絶えたわけではありませんでした。


少々話はそれますが…
かつてパリ9区の 22,rue des Martyrs(マルティール通り22番地)に『Rousseau et Seurre Traiteurs ;
ルソー・エ・スール・トレトゥール』というパティスリーがありました。
この住所、お菓子好きの人ならばご存知かもしれません^^

当時この「ルソー・エ・スール・トレトゥール」オーナーだったGerard Seurre ;ジェラール・スール氏の引退にあたり、シェフ・パティシエが後を引き継ぐのかとも思われていましたが、売却。

この『Rousseau et Seurre Traiteurs ;ルソー・エ・スール・トレトゥール』について調べている時に
「Maison fondée en 1669 au 40 bis rue Saint-Jacques 5e reprise en 1912 par Paul Seurre」
1669年、5区にあるサン・ジャック通り40番地の2に創業した店がPaul Seurre ;ポール・スールによって1912年に引き継がれた。

と書かれているものを発見!


前回のブログを読まれた方にはすぐ分かると思いますが、1669年に創業したのは40bis rue Saint-Jacquesではなく、rue du Mont Saint-Hilaire,16(モン・サン・ティレール通り16番地) に創業した店「Au Puits Certain ;オ・ピュイ・セルタン」のこと。おそらく店の所有者がこの住所に移転した為、このように書かれたのでしょう。
*年代から見て、おそらくVillez氏からPaul Seurre ; ポール・スール氏が引き継いだのではないでしょうか。

このポール・スール氏は、菓子職人であり料理史家そして「Le Mémorial hisrorique et géographique de la Pâtisserie(歴史的・地理的 製菓覚書)」等々の著者でもある、有名なPierre Lacam ;ピエール・ラカン氏の娘Henriette ;アンリエットと結婚しています。
*この店を手に入れた年、彼は30歳(アンリエット23歳)。調べても分かりませんでしたが、この時すでに結婚していたかもしれません。
*因みにラカン氏は1902年8月(65歳)にこの世を去っています。スール氏はラカン氏の本の再版、改訂増補版を
数多く出版。

ポール・スール氏についてはこれ以上詳しいことは分かりませんでしたが、ラカン氏の娘婿ともなればこの店を
買い取るにふさわしいような気もしますね^^

さて、この夫婦の息子Pierre Seurre ;ピエール・スール氏は、7,bd.Rochechouartに菓子屋を構えていたRaul Rousseau ;ラウル・ルソーの娘 Madeleine ;マドレーヌと結婚します。
*「Rousseau et Seurre ;ルソー・エ・スール」という名称に変更したのは1956年のことのようで、ピエールが44歳の時とすると、それぞれの親が退職して後を継いだ後に変えたのかもしれません。
* ルソー氏のパティスリーがあった住所は1956年「Rousseau et Seurre」という同じ名前で不動産を扱う会社に
変わり、2016年7月に廃業しています。

そしてピエールマドレーヌの息子が上記のGerard Seurre ;ジェラール・スール氏です。
彼が1985年末に『Rousseau et Seurre Traiteurs ;ルソー・エ・スール・トレトゥール』という会社を創業。
22,rue des Martyrs(マルティール通り22番地)に店を移転し、25年後の2011年2月に閉店しています。

そう「オ・ピュイ・セルタン」は場所や店名を変えつつも、続いていたのです。
しかもピエール・ラカンという輝かしい経歴を持つパティシエの家系も加わって…。


その②へ続く・・・>




※※※




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2016-08-21 22:24 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(2)

「紹介するに値する『パリで最も古いパティスリー』」は何処に?

流行りのお菓子を食べ歩くよりも「フランス菓子の歴史」に惹かれる者にとって、
実際フランスの地を訪れて一番ワクワクするのは、その歴史を身近に感じられること。

パリで本物の地方菓子・行事菓子を見つけるのは難しいけれど、古典菓子が多く作られているのはやっぱりこの街。
訪れる価値は大いにあります。
古い建物も残っており昔の雰囲気も所々に感じられて、当時活躍したパティシエたちにゆかりある地を訪ね
ゆっくりと古地図散歩するにはとても楽しいところなのです♪

パリで最も古いパティスリー』と言えばやはり「Stohrer ;ストレール(*)」。
公式サイトにも「La plus ancienne pâtisserie de Paris(パリで最も古いパティスリー)」とありますしね。
創業時から現在まで同じ場所でパティスリーを続けているという意味では間違いないでしょう。
(*)Stohrer ;ストレール ;Nicolas Stohrer ;ニコラ・ストレールにより51 de la rue Montorgueil (モントルグイユ通り51番地)で1730年創業。現在の建物は18世紀末のもの。

パティスリー以外でもずっと同じ場所にあるお店といえば、他にも
現在レストラン・サロンドテとなっている202 rue Saint Honoréの「Ragueneau ;ラグノー」。
*当時cabaret(居酒屋・小料理屋の類)であった両親の店をCyprien Ragueneau ;シプリアン・ラグノー(1608~1654)が後を継いだのは1640年頃のこと。

そして、現存するパリ最古のCafé ;カフェ(Glacierでもあった)で13 rue de l'Ancienne-Comédie(かつての通り名はrue des Fossés-Saint-Germain)にある「Le Procope ;プロコプ」。
*シシリア島パレルモ出身のFrancesco Procopio dei Coltelli((1651~1727 ;フランス名;François Procope-Couteaux)により1686年創業。
b0189215_9462781.jpg
等々、いくつか思い浮かびます^^


さて Maglonne Toussaint-Samat ;マグロンヌ・トゥーサン=サマ著
La Très Belle et Très exquise historique des Gâteaux et de friandises(お菓子の歴史)
には「紹介するに値する『パリで最も古いパティスリー』」として
…fondée en 1669, rue du Mont Saint-Hilaire, par un certain Dugast…
…1669年にデュガという人物がモン・サン・ティレール通りに開業した店…

が紹介されています。

この店のスペシャリテは『Têtes de veau farcies;テット・ド・ヴォー・ファルシ』。
グリモ・ド・ラ・レニエールによる「Almanach des Gourmands(美食年鑑) 1803~1812」(*)等でも称賛されるほど有名でした。(この時期の所有者はCauchois氏)
(*)「Almanach des Gourmands(美食年鑑) 1803~1812」は、弁護士で有名な美食家でもある
Alexandre-Balthazar-Laurent Grimod de La Reynière ;アレクサンドル=バルタザール=ローラン・グリモ・
ドゥ・ラ・レニエール(1758-1837)により出版され、フランスで最初の料理評論書&ガイドブックとされる本。
パティスリーも住所やスペシャリテと共に紹介されている。


第一帝政(*)の頃には「この店のテット・ド・ヴォー無しの晩餐会はあり得ない」と言われるほどだったと言います。
注文もかなり多く、パリ市内に熱々のものが届けられていたとか。
(*)フランス皇帝ナポレオン1世の軍事独裁政権。
1804-5-18~1814-4-14及び1815-3-20~1815-7-7までの期間。



ではこのお店、一体どこにあったのでしょう?
rue du Mont Saint-Hilaire(モン・サン・ティレール通り)は、
パリ5区にある現在のrue de Lanneau(ラノー通り)にあたります。
b0189215_9181545.jpg
↑Lanneau通りの看板

この店について古書で調べてみると、モン・サン・ティレール通り16番地にあり、近くにあった井戸の名前から
Au Puits Certain ;オ・ピュイ・セルタン」という店名だったことが判明。
b0189215_1012868.jpg
↑白抜きの赤い矢印の先にあるのが井戸「Puits Certain」
パティスリーがあったのはおそらく赤い矢印の先にある角の建物
*「Plan de Mérian(1615)」一部

モン・サン・ティレール通りは1880年、rue Fromentalと合併しrue de Lanneauとなりましたが、1890年の本に
Pâtissier-cuisinier Villez-Bonouard rue de Lanneau 16
とあるのを発見。
b0189215_95260.jpg
↑この写真の手前左側辺りに店があった?

現在16番地にある建物は20世紀中頃に建てられたものですが、
1185年頃創設されたパリでもかなり古いこの通りには古い建物が残され、お店のあった当時を想像するには
十分な雰囲気があります。

向かい側 11番地にある「Restaurant le Coupe Chou ;クープ・シュー」地下にあるカーヴには、
かつてあった井戸「Puits Certain ;オ・ピュイ・セルタン(*)」の基礎部分が残されているそうで…(見に行きたい♪)。
(*)この井戸は1572年、Eglise Saint Hilaireサン・ティレール教会の司祭、次いでコレージュ・サント・バルブの校長
となったRobert Certain ;ロベール・セルタンにより掘られ、その後18世紀初めに埋められたが、
1894年下水道工事中に発見されている。

b0189215_9153440.jpg
↑「Coupe Chou」の入口


ちなみに分かっている代々の所有者たちを整理してみるとこんな感じでした。
(全てを網羅することはなかなかに難しい…><)
Dugast氏 ;1669年(1625/1630年?)~?年 
Varin氏 ; 所有時期不明
Fromont氏 ; 所有時期不明
Cauchois氏 ;1790~1810年 
Vachette氏 ;1810~1824年頃? 
Seignier氏 ;1838年前後 
Banouard氏1847年頃~1864年(/1880年頃?) 
Villez-Banouard氏 ;1890年頃~1897年4月

1897年5月に Villez氏は店を同じ5区にある40bis rue Saint-Jacquesへ移転。
ラノー通り16番地の店はパティスリーではなく酒屋に変わっていました。
* ほとんどの場合「1669年創業」とされるが「Collines et buttes parisiennes」Henri Bachelin著(1944)には『1625年~1630年に開店』とある。

たまたま「Bulletin de la Montagne Ste.Geneviève et ses abords」Jules Périn著(1896年)の中で見つけたCauchois;コショワ氏の後継者、Vachette氏のショップカードの複製。
こういうの、なんだかとってもワクワクな気分になります~♪
b0189215_1005291.jpg
* Villez-Banouard氏が所有していた銅板を用いて複製された


さてお次はどこへ行こうかな^^




                      ※※※




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2016-08-14 10:23 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(2)

諸聖人の日のお菓子「la Niflette ;ニフレット」

la Niflette ;ニフレット」は、オレンジ・フラワー・ウオーターで香り付けしたクレーム・パティシエールをのせて焼いた、丸い小さなパイ菓子。
b0189215_20143054.jpg
↑ Boulangerie Marc Mecreantのニフレット

Provin ;プロヴァンの町とその近郊のスペシャリテで、11月1日 Toussaint ;トゥーサン(諸聖人の日 )
伝統的なお菓子です。
この日の前後2週間程度の間という短い期間しか販売されていません。
* Provin ;プロヴァンはIle-de-France ;イル・ド・フランス地方圏 Seine-et-Marne ;セーヌ・エ・マルヌ県の町。古くから栄えた町で、古い街並みも多く残され「中世市場都市プロヴァン」としてユネスコ世界遺産に登録されており、またコンフィチュール等バラを使った製品でも有名。
b0189215_20422305.jpg
↑ 青空市ではお供え用の鉢植えの菊が沢山売られていました。


この菓子の起源は中世に遡るという研究家もいるとのことですが、
現在のような形になったのはガルニチュールであるクレーム・パティシエールが考案された17世紀以降であることに間違いありません。
またかつては、現在のような小さいものの他に大きなサイズも存在し、売り子が通りでアツアツの出来たてを販売するのが伝統的なスタイルであったのに対し、現在では作り置きした小さいサイズのものを、
主に1ダースずつ販売するスタイルに変わっています(1個からでも購入可)。


それにしても何故、諸聖人の日にニフレットが食べられるお菓子となったのでしょう?
いつから、誰が作り始めたのか?はっきりしたことは全く分かっていません。

フランス各地の食に関するスペシャリテを網羅する
L’inventaire du patrimine culinare de la France 」Ile de France版(1993年)によると、
この名前の由来はラテン語の「ne flete」(仏語でne pleure pas(泣かないで)という意味を示す)の変形だ
とされ、かつて「この菓子は両親のお墓の前で泣く孤児に贈る習慣があった」ため、これに由来するだろうと考えられています。 (残念ながら、この習慣については昔の資料を探しても出てこず…。)

これは現在一般的な説となっていて、調べてもおそらくこれ以外は出てこないでしょう。


私が見つけられたニフレットに関する一番古い記述は、色々な歌を集めて紹介するLouise Hardouin Prosper Tarbé著「Romancero de Champagne,Tome Ⅱ(1862年)」という本でした。
歌の題名はずばり
La Toussaint, ou Les Niflettes de Provin(諸聖人の日、或いはプロヴァンのニフレット)」。
歌詞からは諸聖人の日の頃、大小の熱々ニフレットを売り歩く売り子の様子が思い浮び、この頃にはこの地ですでに定着しているお菓子であることが分かります。
b0189215_20360027.png
添えられた注釈には『遠い昔から11月1日に若い売り子がこの歌をうたっていた』こと、『Nifletと言う語は美味しいものに付けられた別称であること』、そして『nifler,reniflerという動詞が「気取って嗅ぐ」ことを意味する(←ちょっとピンとこないけど) 語だということ』が説明されていました。
そして「この日にこの菓子をたべるのは『故人たちの葬送の食事』或いは『諸聖人への陽気なお祝い』の
どちらだろうか?」とも書かれていて、この時点でもその意味合いがはっきりしていないことが伺えます。

この次に古い記述は
Bulletin de la Société d'archéologie, sciences, lettres et arts du département de Seine-et-Marne (セーヌ・エ・マルヌ県 考古学、科学、文学、芸術の報告書)」の1869年度版
にありました。
ここでは上記の本よりも12年古い「1850年8月24日付『Feuille de Provins 』の記事の中で、
nifletteという語が、諸聖人の日のお祝いに対する楽しい感情を表現する意味合いを込めて、
ラテン語の「ne ftete(=ne pleurez pas泣かないで)」に由来したものであることを示そうと努めた・・・」という内容が書かれています。
つまり、ここでも結局のところは想像に過ぎないわけですが…。
悲しいと言うよりも楽しいイメージなのですね。


他にも「両親のお墓の前で泣く孤児にこの菓子を贈る習慣」の痕跡は見つけられなかったことを考えると、
現在に考えられている悲しい意味合いとは逆の、楽しそうな意味合いの方が強かったのではないかと言う印象を持ちました。
前者の本の注にあった「renifler」は現在でも使われている動詞で「(鼻をくんくんいわせて)臭いをかぐ」という意味もあることから、アツアツのニフレットからただよう良い香りを思わずくんくんしてしまう光景の方がしっくりくるような(笑)???


さて、実際にニフレットを食べにProvin ;プロヴァンを訪れたのはちょうど1年前のこと。

色々なお店のニフレットを食べ比べしたかったので、街にある6件のお店を訪ね歩きました。
1つがとても安く1ダースずつ買うのが普通なのですが、そんなに沢山食べられないので1種類1個ずつ購入(お店の人には申し訳ないけれど…汗)。
b0189215_21043992.jpg
多くのお店でNature(プレーン)Eau de Fleur d’oranger(オレンジフラワーウオーター味)の2種類を
販売していました。
パイ生地も薄いものや良く膨らんでいるものまで、クリームも色や量、絞り出す口金の形も様々で、
同じものは1つもなく、食べ比べのしがいがありました~♪
b0189215_20592414.jpg
↑ 小さいから6種類の食べ比べも楽勝~♪

日本へ帰る前、パリのブーランジュリー「Du Pain et des Idees」へ寄ると、1週間ほど前に行った時には無かったニフレットを発見!
これはパイ生地が四角いバージョン。(5個又は10個単位での販売で、バラ売りはなし)

今年8月自由が丘にオープンしていますが、同じく四角いニフレットも販売しているようです。
(こちらは期間限定では無く、通年販売)

気になった方はこのおかげで日本でも手に入るわけなのですが、出来ることならやっぱりこの時期
実際にここへ行ってみてくださいね~♪



※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2015-10-30 21:25 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(2)

バスチーユ広場辺りを古地図散歩してみる…

フランスの行事菓子・地方菓子(古典菓子も)が好きなのでパリよりも田舎の方が断然好き。
だけど都合でパリにしか滞在できなかった前回の旅行では、パリだからこそ楽しめる
古地図散歩を満喫しました♪
b0189215_00012752.jpg
革命記念日が終わったタイミングなので、今回はPlace de la Bastille(バスチーユ広場)を
縦軸で古地図散歩…。
(お菓子に直接関係はないけれど、フランス革命自体は当然(間接的に)関係あるので番外編^^)


まずは牢獄ではなく、まだ要塞だった頃の絵入り地図から。
b0189215_17492018.png
↑ Plan de Paris au seizième siècle Pour suivre les entrées de Henri II et de Charles IX
16世紀の地図(上が東)バスチーユから下へ伸びる大きな道がrue St Antoine(サンタントワーヌ通)

バスチーユ要塞は、国王シャルル5世( 1338 ~ 1380 / 在位 ; 1364~1380)の治世下、パリの街や王を守る目的でパリ東部の城壁に設置されたPorte St Antoine(サンタントワーヌ門)の脇に1370年から13年の歳月をかけて作られた。
当初丸い塔は角に4つあるだけだったが、後に加えられて8つに。建物の周りには堀がめぐらされ、セーヌ川から水が引かれていた(現在のBassin de l'Arsenal)。

ルイ11世の治世下、バスチーユは牢獄として使われ始める。


次の地図は革命前年のものを…。
b0189215_19202604.png
↑ Plan de la ville de Paris(Mondhare, Louis-Joseph (1734-1799)/1788

丸い塔が8つに増やされて以降、ほとんど変わっていないと思われるバスチーユ牢獄。
(城壁のあったところは並木のある大通りになっている)


そしてフランス革命後…
b0189215_20031774.png
↑ Nouveau plan routier de la ville et fauxbourgs de Paris divisé en 48 sections/1793

バスチーユ牢獄の建物は革命後解体(解体期間;1789~1791)され、この1793年の地図では建物があった所には「La Bastille détruite(解体されたバスチーユ)」の文字が入っている。


その後この場所には…
b0189215_20221310.png
↑ Plan de la ville de Paris, divisé en 12 arrondissements et 48 quartiers/ L. Vivien(1830)
バスチーユ広場の真ん中に「Fontaine de l'Eléphant(象の噴水)」の文字。

こんなものが…?
b0189215_20351873.jpg
↑ Projet d'Éléphant pour la Bastille/Jean-Antoine Alavoine(public domain)

<L'Éléphant de la Bastille;バスチーユの象>
ナポレオン1世の発案で、フランス革命後の記念碑として高さ24mの巨大な青銅製の象を作る計画が立てられ、まず原寸大の石膏製の象の模型が作られた(1814年)。
が、翌年ナポレオンがワーテルローの戦いで敗れ、その後の計画は中止に。
模型の象は場所を移され、1846年には丸い台座のみを残して撤去された。


そして…
b0189215_23331169.png
↑ Plan itinéaire et administratif de la ville de Paris/Aristide-Michel Perrot(1840)
びっくりする程大きく描かれたColonne de Juillet!

<Colonne de Juillet(7月革命の記念柱)>
Trois Glorieuses(栄光の3日間)=フランス7月革命(1830年7月27~29日の3日間に起こった市民革命)を
記念し、象の台座の上に作られた高さ50,52mの円柱(建設期間;1835~1840)。

この地図ではかなり大きく強調された図入りで紹介されていました^^


記念柱の完成以降、バスチーユ広場はあまり変わっていないみたいようす。
バスチーユの建物は消えてしまいましたが、地図上でだけでなく、実際にその場へ行くと思わぬところで土台の一部を見つけたりして、昔にタイムスリップした気分に…。
Square Henri Galliやメトロのバスチーユ駅内にもvestiges(遺構)が見られますね。



※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ





おまけ
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2015-07-16 10:51 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(3)

「Paris-Brest ;パリ・ブレスト」と「Paris-Nice ;パリ・ニース」の関係は?

Maisons-Laffitte ;メゾン・ラフィットの「Pâtisserie Durand et Fils ;パティスリー・デュラン・エ・
フィス」を取材したかったのは、『Paris-Brest ;パリ・ブレスト』が確かにLouis Durand ;ルイ・
デュランが考案したという確信の得られるような文書、或いは1909年から販売していたという文書等々を
見せてもらいたいと思ったからでした。

確かにいくつかの説があって「本当の考案者はこっちだ」と主張するものもありますが、
その根拠となるものを提示しているものはありません。

レヴェック氏はLouis Durand ;ルイ・デュランの息子、Paul Durand ;ポール・デュラン
父親の発明を守るため、1930年に特許申請をしたが(すでに広く作られていた為)却下された」と
話しているので、その時の書類等もあるのじゃないかと…。
こちらに1つでも多くの関連書類が残されていれば、もっとすっきりしますよね~。
b0189215_15593242.jpg

L’inventaire du patrimine culinare de la France;1993(*)」のIle-de-France地方版では
Émile Darenne,Emile Duval共著「Traité de pâtisserie moderne(1909)」の中にパリ・ブレストと
酷似した「Paris-Nice ;パリ・ニース」のルセットが掲載されていることが指摘されています。
そのルセットは『シュー生地を王冠形に絞り、表面をドレして焼き、間にプラリネ風味のクレーム・
サントノレを絞り入れる』というもの。
(*)フランス各地の食に関するスペシャリテを網羅している本。

本の販売日までは分かりませんが、もし出版以降にパリ・ブレストが考案されたとすると
この本を参考にしたという可能性も出てきますよね。


さて一方で、この「パリ・ニース」という名前にも謎が…?

一見するとパリ・ブレスト同様自転車レースのことだと思いますが、このレースが始まったのは1933年
ということで違うようです。
南仏でもアーモンドが栽培されていますからプラリネ風味のお菓子には南仏っぽくないとは言えませんが、
あえてニースとしているところには説得力がないように思います。

著者のいずれかは考案したものなのでしょうか?で、なぜこの名前が付けられたのでしょうか???


パリ・ブレストはどのように広まっていったのか?という疑問も残ります。
本の方が多くのパティシエの目に触れるような気がしますが、
なぜ「パリ・ニース」ではなく、メゾン・ラフィットの1パティシエが作った「パリ・ブレスト」の方が
一般的になったのでしょう?

何かをきっかけにこの店から広まったのだとすれば「Guide UNA」や「Le Trésor gastronomique de
France」のようなガイドブックや広告等に載っていてもおかしくないように思うのですが、
探してもほとんど出てきませんでした。
*「パリ・ブレスト」と名前が地名であるため、様々な条件で検索しても目的のものはヒットしにくい。

見つけられた一番古いものは
Paris-Soir(1932年6月25日付)」という日刊紙のP-3に掲載されたJulien Damoyの広告内でした。
b0189215_16180206.png

また、パリ観光局発行の「La Semaine à Pais(1936年7月31日付)」のRestaurant Le Chapon fin
記事の中では「« Paris-Brest » ,crème Chantillly,pâte à choux et amandes,est digne de
louanges(*)」という記載も…。
(*)「パリ・ブレスト(クレーム・シャンティイ、シュー生地、アーモンド)は称賛に値する」という意味。

上記での特許申請がだめだったほど、確かに30年代にはパリでは一般的なお菓子となっていたようですね。

プロ向けの本で古いものはこれでしょうか。
b0189215_17365117.jpg
Pierre Lacamの娘婿、Paul Seurreの出版した「Le Nouveau mémorial de la pâtisserie
1934年の初版本には掲載されていませんが、私の持っている第9版(1946年)ではパリ・ブレストのルセットが加筆されていました。
アーモンドを散らして焼いたシュー生地にクリームはプラリネ風味のクレーム・オ・ブール、又はこれに
イタリアン・メレンゲを加えたもの。或いはプラリネ風味のクレーム・サントノーレでもよい。
クリームが入りすぎないよう、中に円形に焼いたシュー生地を入れる店もある。』というもの。
*何版目から掲載されるようになったのかは未確認。


ポピュラーながらも、20世紀に入ってから出来た比較的お菓子、「パリ・ブレスト」。
謎がはっきりする日は来るかな^^



※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ




[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2015-07-11 17:41 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(2)

「Paris-Brest ;パリ・ブレスト」の誕生したお店へ…

地方・国を問わず、多くのパティスリーでみられる『Paris-Brest ;パリ・ブレスト』。

パリ・ブレストは
シュー生地を王冠型に絞ってアーモンド・スライスを振って焼き、間にプラリネ風味のクレーム・ムース
リーヌを星口金で絞り込み、粉砂糖を振ったもの
ですが、これもやっぱり立派な地方菓子、イル・ド・フランスのスペシャリテと言えます。

クラシックなフランス菓子がRevisité ;ルヴィジテ(現代風に再構築)されるようになり、パリ・ブレストも様々なスタイルのものが見られるようになりました。

でもやっぱり気になりますよね~、その原点が…^^

b0189215_21203285.jpg
↑ お店のガラスにも1910の文字…でも1909年末が本当らしい…


この菓子が誕生したのはパリの西方、ヴェルサイユを県庁所在地とするYvelines ;イヴリーヌ県の町
Maisons-Laffitte ;メゾン・ラフィット
建築家フランソワ・マンサールにより建てられた美しい城や、競馬場でも有名な町です。


パリ・ブレストの考案者の店は今でも当時と同じ場所・建物の中で、同じ家族によって受け継がれています。
お店の名前(当時)は「Pâtisserie Durand ;パティスリー・デュラン」。
Louis Durand ;ルイ・デュラン はその妻Marie ;マリーと共に、1907年創業しました。
b0189215_20425184.jpg
 ↑ お店に展示されていた写真より(創業当時のものではありません)


デュラン氏は1891年に始まった自転車レース「Paris-Brest-Paris ;パリ・ブレスト・パリ
(又はParis-Brest et retour)」にちなみ、自転車の車輪の形をイメージした菓子を考案しました。
考案した年は1910年と書かれていることもありますが、正確には1909年の年末
・レヴェック氏によると、おそらくクリスマス用に考案されたものだろうとのこと。

そのきっかけとなったのは
自宅の近くにあるCroix-de-Noaillesがコースに入っており、レースを見たことから
・ちなみに1909年以前に開催されたのは1891年と1901年の2回のみ(その後は1911年)。
パリ・ブレスト・パリ」の創設者で『Petit Journal』誌のPierre Giffard氏がメゾン・ラフィットに住んでおり、パティスリー・デュランのお客でもあった為、お菓子を作るよう勧めた(或いは頼んだ)…」
等々いくつかのお話があるようですが、今となってははっきりと分かりません。
(名前からしてレースがきっかけとなったことは確かなのでしょうが…。)


さて、ここを訪ねたのは昨年10月のこと。
b0189215_2050632.jpg
↑ 現在のお店のファサード

現在のオーナーで初代のひ孫にあたるStéphane Lévêque ;ステファン・レヴェック氏に
メールで取材のお願いをしていましたが、なぜか届いておらずRV無しでの訪問でした。
しかし運よくレヴェック氏が事務所にいて、超多忙な中「5分だけ」と言いながらも、
店横にある入口から上の階にある事務所に通され、きちんと座ってお話をお聞きすることが出来ました。

店のある建物自体は当時のまま、お店の方は当初ショーケースに冷蔵施設がなかったこともあり、
何度か改装をしているそうです。

現在は彼の妻Dorothy ;ドロシーがシェフ・パティシエとしてラボを仕切っています。
彼女は1993年に店で販売の仕事を始めたそうですが、それだけではつまらないと思うようになり
ステファンの叔父であるMichelPhilippeに教わりながらパティシエの仕事もするようになったのだそう。
b0189215_2122512.jpg
↑ Mme.Dorothy Lévêqueとパリ・ブレスト


レヴェック氏も最初はパティシエで店の管理も行っていましたが、現在ラボでの仕事は彼女に任せ、
自分は経営者としての仕事と政治活動を行っているとか。

この店のパリ・ブレストの特徴は、まず1人用サイズがよく見かけるドーナッツ形では無く、穴の無い楕円形であること。
これは自転車のサドルの形を模したものです。
b0189215_21143317.jpg

アントルメの大きなパリ・ブレストはよく見かけるものと違い、それほど厚みはありません。
わざとシュー生地を平らにして焼いてあります。
・厚みを出すため中にドーナッツ形に焼いたシューを入れることもあるが、それは無し。

クリームはあまりバターの量は多くなくて、自家製のプラリネが香り高く、コクのあるクレーム・パティシ
エールという感じ。
厚みは無くても平たい分、クリームはたっぷり入りますがとても食べやすいのでした。
見た目は素朴ですが、今まで食べた中で一番好きな味かな~♪
・ルセットは昔通りだが、クリームに入れるバターの量は減らしている。

ショーケースにはパリ・ブレストの他にも、
シュー生地を使ったお菓子が一杯並んでいて、それも店の特徴の1つだとのお話でした。

訪問した日はいつもより人数が少なくて忙しかった 為、残念ながらラボの見学はできませんでした。
まだ不明な点も多いパリ・ブレストについて、より詳細な歴史的資料等も拝見したいものです。

いつかまたリベンジ取材したい!



Pâtisserie Durand et Fils
9,avenue de Longueil
78600 Maisons-Laffitte




※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2015-07-09 21:42 | ⑫Paris/Ile-de-France | Trackback | Comments(2)

 「東京カド」のマドレーヌ

今から4年前「日本で最初のガレット・デ・ロワは?」というタイトルで書いたブログ(ココ→)にも
少しだけ書いている老舗フランス菓子店「東京カド」。
ワンダフルハウスさんにお誘いいただき、この夏初めての訪問が叶いました!
b0189215_19221125.jpg


カドの創業者である高田壮一郎氏(1934-2005)は私費留学生試験に合格し、
1956年パティシエとしては戦後初の政府認可私費留学生として渡仏しています。
翌年には労働手帳を取得して、当時パリの2区にあったパティスリー「Cadot ;カド」で働きながら職人としての技術を習得。フランス滞在中は、沢山の菓子やショコラを買ってきては写真を撮影していたのだそう。
(その後、膨大な写真は頼まれて貸したりしているうちにどこへあるのか分からなくなってしまったとか。
今これらの写真を見ることが出来たのなら、どれだけ素晴らしい資料になったことでしょう!)

そして帰国後、1960年に「東京カド」を設立しました。
創業者と、以前私の質問に答えて下さった息子さんの夏生さんはとても残念なことにもういませんが、
壮一郎氏の奥様である高田ハルさんはお元気でご活躍とのこと。
当日はわざわざお店で待っていて下さいました。
それがまたとってもチャーミングで素敵なマダム!
色々とお話をお聞きすることが出来、夢のようなひとときでした。

お店には創業当時から作り続けられているお菓子がいくつも並べられていましたよ♪
b0189215_1936074.jpg
↑ アントルメ「キルシュ」

いただいたお菓子はどれも美味しくて、アントルメの「キルシュ」はバタークリームを使ったものですが、
クレーム・シャンティイにバターの風味とコクを加えたものであるかのごとく軽やか。
既にお腹が一杯で食べきれないと思っていたのに、おしゃべりしながらいつのまにか完食・・・^^ ;


創業当時から作られているものの1つが『マドレーヌ』。
東京カド」は日本で貝殻形の型で焼いたマドレーヌを販売した最初のお店と言われているのです。
b0189215_19392588.jpg
↑ 好みの焼き色が選べるバラ売りも。

それまでは日本では型が無くて菊型しか作られていなかったのですが、
同時期パリに居た留学生たちと仲が良く、その中の1人、加賀乙彦氏に
日本で本物のマドレーヌをお売りなさい」と勧められ、フランスからマドレーヌ型を
買って帰ったが始まり。

「もしかして、その当時の型を使っているのかも?」と思わずワクワクしてしまいましたが、
当時からフランス帰りの人々を中心にかなりの人気があって沢山焼いていた為、早々に日本で同じ型を作って貰ったりもしてたそうで、そのようなことは無いと言われました。
が、なんと!今でも当時の型を使って焼かれているものもあるそうで、パン・ド・ジェーヌがそれだとのこと。(つまり50年以上も使い続けられているのですね!)

ショーケースの中でも特に目を引くのが可愛らしいコブタさん「コショネ」^^
マドレーヌ2個をクリームではさみ、マジパンで包み仔豚の形に成形してチョコ掛けしたものです。
b0189215_20483210.jpg
↑ コショネ。子供に喜ばれそうなひょうきんな表情の仔豚^^

これはロスになるマドレーヌを再利用するために誕生したものだそう。
職人気質の壮一郎氏は、色や形の悪いマドレーヌは捨ててしまっていたそうですが、お店の職人さんがそれを何とか活きかえらせたいと考案したのでした。
マドレーヌで出来ていると分かると、なんだかいっそう愛着が湧いて可愛くみえたりして…^^♪


さて、ここで販売されているマドレーヌ、せっかくフランスと同じように貝殻型で焼かれていると言うのに、
特有の「でべそ」はありませんでした。
う~ん、「マドレーヌ好き」としては「でべそ」の無いマドレーヌは「本物のマドレーヌ」とは言いかねる…。

気になって仕方なかったので、思い切って図々しくも尋ねてしまいました^^
ハルさん曰く『「でべそ」があるとご贈答用に箱詰めする際、綺麗に並べることが出来なかったので、
あえて「でべそ」がないものを作るようになった
』とのこと。
b0189215_19441162.jpg
↑ こちらは箱入り。確かに綺麗に並んでいます^^

「日本のお客様はそんなことを気にするのね~」と残念がっていると、
「でべそ」のあるマドレーヌも定期的に注文を受けていて、その時なら販売も出来ますよ』という嬉しい
お言葉♪

後日送って頂いたのが、この「でべそ」のあるマドレーヌ。
b0189215_2114654.jpg


食べ比べてみると「でべそ」無しの方が「ふんわり」、有りの方が「もっちり」に感じました。
焼き色の入り方も違うみたい。
(「でべそ」は小さめですが、創業当時と同じなのかな(?)と思うとやはり感慨深い)。
b0189215_20582966.jpg
↑ 左がお店で売っている「でべそ」無し、右が「でべそ」有りマドレーヌ

当時の面影をそのまま残していると思われるお店のしつらえと、地元の常連客さんたちが醸し出す
なんとも言えないノスタルジックな雰囲気のお店。
少しでも長くこのまま続いてほしいと願うばかりです。




                      ※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2014-09-18 09:12 | その他 | Trackback | Comments(2)

GATEAU LABULLY ;ガトー・ラビュリー

Gâteau Labully ;ガトー・ラビュリー」という呼び名は知らなくても
Brioche de St Genix ;ブリオッシュ・ドゥ・サン・ジュニ」と言えば分かる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

この菓子はRhône-Alpes(ローヌ・アルプ地方圏)、Savoie(サヴォア県)にある小さな村St Genix sur Guiers ;サン・ジュニ・シュル・ギエのスペシャリテ。
オレンジフラワーウオーターで香り付けした天然酵母の丸いブリオッシュで、生地の中と外にある真っ赤な
プラリヌが特徴的です。
b0189215_19494582.jpg
↑赤と白の硫酸紙で丁寧に包まれた、とってもカワイイ「ガトー・ラビュリー」♪

伝説」では、3世紀シシリアの殉教者、聖アガタに結びつくと言います。
キリスト教徒の若く美しいアガタはローマ地方総督に言い寄られるも拒絶。
拷問によって改宗させようとするも失敗に終わり、両方の胸を切り落とされるも翌日奇跡的に元に戻りに。
彼女が火刑の薪山に登ると、地震が起きて死刑執行人たちは死んでしまいました。

サヴォアが1713年シシリア公国に合併されると、この伝説はこの地に伝わり聖アガタの誕生日である2月5日に胸形の菓子を作るようになったということで、このブリオッシュもそれにゆかりがあるというのです。


実際のお話は1848年、ここから10km程離れたIsère ;イゼール県les Abrets ;レ・ザブレ出身の
Françoise Guillaud ;フランソワーズ・ギヨーPierre Labully ;ピエール・ラビュリーと結婚したことから始まります。
b0189215_1924356.jpg
↑ ホテルだった頃の画像

ピエールは、1630年開業で部屋が36室もある大きなホテルを経営していました。
結婚後、フランソワーズは実家に伝わるルセットで上に赤いプラリーヌを飾ったブリオッシュを作り、
お客たちにおやつとして勧めました。

それが評判となり1855年に出版された「Guide de l’étranger en Savoie」Gabriel de Mortillet著には
「Hôtel Labully sur la place de l’Eglise(cuisine excellente)」
プラス・ド・レグリーズに面したホテル・ラビュリー(料理は素晴らしい)
そして
「La cuisine de MM.Labully est renommée ;ils font surtout une espèce de gâteau qui s’expédie au loin, sous le nom de Gâteau de St-Genix.」
ラビュリーの料理は有名で、なによりも彼らは遠くまで配送されているガトー・ドゥ・サン・ジュニと言う名前のお菓子を作っている
と書かれており、この段階で既にその名声が広く知られていたことが分かります。

1880年、彼らの息子François Labully;フランソワ・ラビュリーは上に飾っていただけの赤いプラリヌを
中にも詰めることを思いつきました。
すると更に人気が出て他の店でもまねをするようになった為、他の「ガトー・ドゥ・サン・ジュニ」との違いをはっきりとさせるために「Gâteau Labully ;ガトー・ラビュリー」の名前で商標登録をしています。
b0189215_20275375.jpgb0189215_20283694.jpg
↑これは店内に飾ってある油絵。上だけにプラリネをのせた初期のもの(左)と現在と同じもの(右)の2種類。



さて、この町を訪れたのは2005年10月のこと。
Biscuit de Savoie ;ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」で有名なYenne ;イエンヌ
行った翌日、タクシーで向かいました。
* 「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」についてはコチラでご紹介しています。

予めアポイントを取っていたおかげで、ラボの見学や試食のほか、お話もお聞きすることが出来ました。
b0189215_19321523.jpg
↑ かつてホテルだった建物の左側1階部分がお店になっている。

パティスリーの開店はそれほど古くなく1949年とのこと(それ以前はホテルでの販売で、パティスリーでは
無かった)。
現在の所有者Alain Bavuz ;アラン・バヴュ氏は1964年、14歳の時にこのお店でアプランティッサージュ(見習い)を始めます。
当時のパトロンPaul Labully ;ポール・ラヴュリー氏の子供は娘2人で後を継ぐものが居なかった為
彼の退職する1979年に店を引き継いだそうです。
* ポール・ラヴュリー氏は2000年に亡くなったが彼の妻はまだこの町に住んでいるとの話でした。
* 生地の中にプラリヌを入れるようになった時期についてですが、アラン・バヴュ氏のお話では「生地の中にプラリヌを入れるようになったのは1937年のこと。中にも入れて欲しいとお客に頼まれて作って以降、中にも入れたバージョンへの注文が増えて行った」とのことでした。どちらが正しいのかは分かりません。


バヴュ氏の仕事は早朝3時に始まり、昼に終了。
ガトー・ラビュリーに使われるPralines rouges(赤いプラリーヌ)はすべて自家製で、週に2回製造されるそうです。
取材当日は一人息子のJean-Philippe ;ジャン・フィリップがちょうどプラリヌを作っている最中でした。
* 赤いプラリーヌは1回にワインの木箱で12箱分製造。
b0189215_1944215.jpgb0189215_19444382.jpg
↑ 赤く色を付けたシロップを煮詰め(写真左)、アーモンドをタービンにかけながらシロップを何度もかける(写真右)。

前日にルヴァン(パン酵母)を作り、翌日ブリオッシュに仕上げられます。
バターを除いた材料(小麦粉、ルヴァン、卵、砂糖、塩、オレンジ花水)を全てこねてから、澄ましバターを
何回かに分けて加えて混ぜ込みます。これを一晩寝かせ、翌朝4時に再び10分程こね、プラリヌ3/4量を
加えます。
これを分割して丸め、菩提樹製のcopets ;コペと言われる丸い木型に入れて1-1h30発酵。
紙の上に生地をひっくり返して、残りのプラリヌを上に差し込んでドレし、砂糖を振って
オーブンで焼成します。
焼き上がって冷ましてから、赤と白の硫酸紙で包んで完成です。

ラボにはビックリするほど大量のガトー・ラビュリー!

試食させていただくと、甘い中にも癖になる味でとっても美味しい。
丸ごとゴロッと入ったプラリヌが窯の熱と生地の水分で、その表面が溶けたところがなんとも言えません。
b0189215_19135224.jpg
↑ ガトー・ラビュリー。ホールのプラリヌを使うのが特徴。

店を見学させていただくと焼き菓子のみで生菓子はありませんでした。
以前職人4人だった時には製造していたそうですが、現在は2人だけなので作る時間がないそう。
たまたま訪れたお客さんも「無いのね。生菓子も美味しかったのに」と残念がっていました。

その後2007年にはConfrérie du Saint Genix ;コンフレリー・デュ・サン・ジュニが作られ、
スペシャリテである「Brioche de St Genix ;ブリオッシュ・ドゥ・サン・ジュニ」の保護と宣伝に
一躍買っています。


◎ブリオッシュ・ドゥ・サン・ジュニ(ガトー・ドゥ・サン・ジュニ)を紹介するニュース番組のビデオは
コチラから。
木製型コペやコンフレリーのコスチュームも見られます。



※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ


◎おまけ… 
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2013-10-10 20:37 | 22Rhone-Alpes | Trackback | Comments(3)

Gâteau du Président de chez Bernachon ; ベルナションの「ガトー・デュ・プレジダン」

Gâteau du Président ;ガトー・デュ・プレジダン」はLyon ;リヨンにある有名なショコラトリー、
Bernachon ;ベルナションのスペシャリテ。

メゾン・ベルナションでは、初代Maurice;モーリスが1953年に開業して以来、
モーリスの息子Jean-Jacques ;ジャン・ジャック、そして2010年からは3代目Philippe ;フィリップにより
家族やスタッフと共に、職人の技によって作られるショコラやお菓子の数々が受け継がれています。

b0189215_19573694.jpg
                    ↑ Gâteau du Président ;ガトー・デュ・プレジダン


このお菓子はPaul Bocuse;ポール・ボキューズ氏が当時の大統領Valérie Giscard d’Estang ;ヴァレリー・ジスカール・デスタンより、レジオン・ドヌール勲章(*)を授与されたことを記念し、1975年2月25日、パリのエリゼ宮で開かれた午餐会(=déjeuner ・昼食会)のデザートとして出されたことで有名になりました。
(*)Chevalier de la Légion d’honneur ;シュヴァリエ・ドゥ・ラ・レジオン・ドヌール(ナポレオン1世により創設された国家功労者へ送られる勲章。1から5等まであり、シュヴァリエは5等)。料理人としてはこの時が初めての受賞。
1987年、ボキューズ氏はOfficier(4等のオフィシエ)を受賞している。
* この午餐会には大統領夫妻の他、フランス一流の料理人たちが出席。
ボキューズ氏は記念としてSoupe aux truffes V.G.E ; スープ・オ・トリュフ・V.G.E.(ヴェー・ジェー・ウー)
(パイを被せたトリュフスープ)を考案。


ボキューズ氏の娘Françoise ;フランソワーズとベルナション氏の息子ジャン・ジャックが1969年に結婚したことで両家は姻戚関係となっており、ベルナションはデザートとプティ・フールの担当を任されました。
当時ベルナションで研修をしていた川北先生の話によると、店で仕上げられたお菓子類はジャン・ジャックとスタッフが車でパリまで運んだのだとか。

このお菓子はこの時、大統領の為に考案されたと思われているかもしれませんが、
実はそれ以前から Montmorency ;モンモランシーの名前で既に作られていました。勿論デコレーションも同じ。

モンモランシー」というのはパリ近郊、北部にあるサクランボの産地のことで、
同時にサワーチェリーの品種名でもあります。
その為、料理やお菓子に「モンモランシー」と付けばサクランボが使われていることが分かります。
この名前がつけられたお菓子は様々ありますが、ラルース・ガストロノミックによると最もクラシックなものは
シロップ煮のサクランボをはさんだジェノワーズの表面をメレンゲで覆い、サクランボのコンフィで飾り付けたものだとか。

ベルナションの「モンモランシー」はおそらくモーリス・ベルナション氏がショコラトリーを始めて以降、
それまであった「モンモランシー」というお菓子のチョコレートバージョンとして考案されたものでしょう。
とはいえ、いつから作られるようになり、最初からこのスタイルだったのかは不明。


◎プレジダンの作り方はこんな感じ
ジェノワーズを横3枚に切って、チェリーマルニエ風味のシロップを染み込ませ、
ガナッシュ・プレジダン(生クリーム、ジャンドゥーヤ、クーヴェルチュール)とチェリー・マルニエに漬けこんだ
粗刻みのグリオット・コンフィを2段はさみ、全体をガナッシュで覆ってから、
金属製のローラーにかけたチョコレートの薄いヒラヒラを張り付け、上部には花びら状にした薄いチョコレートを
ドーム状に飾り付ける。

b0189215_19285335.jpgb0189215_19295960.jpg
b0189215_19322658.jpgb0189215_19361135.jpg
b0189215_19432450.jpgb0189215_19453970.jpg
↑ ローラーでチョコレートのヒラヒラをとって仕上げている様子。この機械で作るヒラヒラはとっても繊細。これ無しで全く同じものを再現しようとしても絶対に不可能!

川北先生がベルナションで研修していた1974年時点ではクーベルチュールはまだカカオ豆からの製造ではなく、
スイスからマスを仕入れて加工していたと言います。
当時プレジダン(モンモランシー)には専用のチョコがあって、ローラーを使ったチョコレートの仕上げを出来る職人は
1人だけしか居なかったのだとか。
と言うことは、エリゼ宮で出されたものは現在のものとはチョコ部分の味が違うのですね^^

ベルナションがカカオ豆から独自のクーベルチュールを製造するようになったのは1977年からです。
クーベルチュール製造開始前、その開発期間として1年以上の歳月をかけられました。
それまでにも1966年から3年間、ジャン・ジャックがアムステルダムのチョコレートメーカーBensdorpやBlooker等々
外での研修を重ね、チョコレート製造のノウハウや必要な機械を手に入れたり、着々と準備を進めていたと思われます。

ひょっとしたらプレジダンのチョコ飾りを作る機械はチョコレート製造に使う道具を集めている時に
手に入れたものなのかも?
そう考えれば1966年~1974年までの間にプレジダンの前身、モンモランシーが考案されたと想像でるのですが。
* ジャン・ジャックさんの存命中、何度もお会いする機会があったのに、お聞きしなかったことが悔やまれます。
フランソワーズさんにお聞きしたら分かるでしょうか。


さて、「ガトー・デュ・プレジダン」と言う名前についてですが、フィリップに尋ねると
パリのエリゼ宮で開かれた午餐会でサーヴィスする際、ボキューズ氏がこのお菓子を「プレジダン」と
いう名前で紹介した
」と教えてくれました。

それまでお店で「モンモランシー」の名前で販売していたものが、その翌日からすぐに「プレジダン」の名前に変えて
販売されるようになったのかどうかは疑問が残るところ。

L’Hôtellerie Restaurationのココの記事では
エリゼ宮での午餐会の後、この菓子を『モンモランシー』ではなく、『エリゼ』、『ヴァレリー』、『アネモネ』
『プレジダン』などと別の名前で呼ばれるようになり、その中から「プレジダン」と言う名前を選んだ
」と
書かれていました。

どちらが本当なのか、それとも両方本当なのかは確認してみなくては分かりませんが…。



                                ※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2013-08-17 20:40 | 22Rhône-Alpes | Trackback | Comments(8)