<< Les Madeleines ... Les Madeleines ... >>

Les Madeleines de Commercy その1

フランスで「マドレーヌの有名な町」と言えば、何と言っても真っ先にコメルシーが挙げられることでしょう。

b0189215_1658727.jpg1992年5月にフランス北東部からリュクセンブルク、ベルギー、オランダを(大雑把に)まわる旅の際、途中下車したのが最初でした。
ここへはこれまでに3度訪れており、昨年はConfrérie gastronomique des Compagnons de la Madeleine de Commercyへの取材を試みましたが、タイミングが悪くて実現せず(1週間後ならバッチリだったのですが…)。

←Commercy駅

さて、マドレーヌの由来は諸説あります。
1847年の段階で歴史学者Charles Dumontが「マドレーヌの考案者が分からないことは非常に残念だ」と言っているように、真実は闇の中。本当のことは誰にも分かりません。
ただ長い間作られていることを考えれば、帆立貝形のマドレーヌがこの町(或いはこの町に関係のある人)で考案されたと考えるのは、決して突飛なことではないように感じます。

b0189215_17354948.jpg








これを踏まえたうえで2つ紹介しましょう。

* Madeleine Simoninが考案したとする説。
マドレーヌは恐らく当時コメルシーに住んでいたcardinal de Retz(Retz枢機卿) Paul de Gondiの料理人、Madeleine Simoninによって1661年pâte à beignetsを改良した新しいお菓子として考案されたものである。
枢機卿の友人であり、彼の家でよく食事をしていた Longueville公爵夫人により、料理人の名前にちなんでマドレーヌと名付けられた。

* Madeleine Paulmierと言う名前の給仕係が作ったとする説。
コメルシーの城でStanislas Leszczyński(1677-1766;元ポーランド王、
ロレーヌ公)主催の食事中、ある見習い料理人がシェフに対する怒りからデザート用のお菓子を台無しにしてしまい、給仕係がすぐに用意できる祖母の作っていたお菓子を作り、この窮地を救った。スタニスラスがこの給仕係の名前Madeleine Paulmierからマドレーヌと名付けた。
(その後スタニスラスの娘でルイ15世の妃Marie Leszczyńska(1703-1768)がヴェルサイユでマドレーヌを作らせたという話も)

b0189215_1762291.jpg






← château Stanislas (観光局有)


かわいらしい名前にぴったり後者の説は広く受け入れられているように思います。
しかし、仮にも元国王であったスタニスラスの食事会で、雇われの身である見習い料理人が、癇癪を起こしてデザートをダメにしてしまうなんて、もし本当だったら許される話ではないような気がしますが…。

この他にも

* Talleyrandの料理人、Jean Aviceがカトルカールの生地をアスピック型で焼き、これをマドレーヌと名付けたとする説。
* Alexandre Dumasは「Le Grand Dictionnaire de cuisine(1873年)」の中でMme Perrotin de Barmondの下宿人で元料理人のMadeleine Paumier(Lは無い)に由来するというマドレーヌのルセットを紹介している。

などと、マドレーヌに関係する話は様々あります。

b0189215_1740691.jpgいろいろな人の解釈で組み合わさったり、尾ひれが付いたと思われるものもありますが、いずれもマドレーヌ誕生の確かな由来を証明できるものではありません。

コメルシーのマドレーヌ以前にもマドレーヌという名前のお菓子は存在したのでしょうか?
そしてそれは帆立貝形だったのでしょうか?



タイムマシンでも出来ない限り、このなぞが解明されることは無いのかもしれませんね^^




※※※


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2009-06-11 19:35 | ⑮Lorraine | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/11234343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chihiring at 2009-06-11 20:12
それだけ昔からあったお菓子なのですね~そしてみんなに愛されたお菓子なのかな。誕生の由来のなぞが多いからこそ、ますます伝統菓子って魅力的なのでしょうね♪日本に伝わったのは、どうしてあの平たい形なのかしら。これからも楽しみにのぞかせていだだきますね~chihiring
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2009-06-12 21:12
◎chihiringさま、コメントありがとうございます!
菊型なのは「間違えてパンドジェーヌ型が使われたから」だと言うものもありますが、それもなんだか腑に落ちませんよね。
(社)日本洋菓子協会連合会のHPに「1907年(明治40年)前後に作られていた のお菓子を再現した写真」が載っていますが、その中のマドレーヌはシェル形です。案外「シェル型が手に入りにくかったから」なんていうことだったりして?
Commented by M at 2013-04-14 08:33 x
マドレーヌと言っても形や味が色々ありますね。
ここのもパッケージが可愛いなぁ〜。
マドレーヌって昔からあるけど、由来がはっきりしないお菓子なんですね。なるほど。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-14 10:37
Mさん 形は違いますが、スペインのMagdalenasはさらに古くから存在しています。コメルシーのマドレーヌは興味を引く逸話もあり、木箱のパッケージも素敵なので、その人気はどこにも負けない気がします^^
Commented by M at 2013-04-14 11:47 x
スペインに古くからあるとは、何かスペインとフランスそしてコキーユ・サン・ジャックの形と来ると巡礼にも関係あるのかなぁと思ってしまいました。
初めは名前からマドレーヌ寺院が関係してるのかなぁともおもってました。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-15 09:13
Mさん 自然とそう結びつくので、巡礼路にあたる町でマドレーヌがスペシャリテになっているところもあるのです^^
<< Les Madeleines ... Les Madeleines ... >>