<< Macarons du Dor... châtaignes blan... >>

最初のfève en porcelaine;磁器製フェーヴ

19世紀後半になるまで、ガレットには主に乾燥したソラマメ(=fève)やインゲンマメが入れられていました。
ソラマメの代わりにドイツ製の磁器製フェーヴが使われるようになったという最初の記録が残されているのは1874年。

先日あるところで「最初の陶器製フェーヴはパリのお菓子屋さんがマイセンで作らせたもの」だという話を聞き、
マイセン焼のフェーヴというのは初耳だった為、疑問に感じていました。
そこで以前紹介したフェーヴに関する本の著者であるMonique Joannèsさんに思い切ってお聞きしてみました。

彼女の話ではガレットに磁器製フェーヴが入れられたことは1881年発行の新聞記事で取り上げられているそうです。
そこにはどこの誰が入れたのかまではハッキリと書かれておらず、ブーランジェだったのか?それともパティシエだったのか?どこの町に店があったのか?も書かれていません。

しかし新聞社の所在地がパリだったことから「パリのあるパティシエが入れた」と考えられる傾向にあるようです。
(つまりこれはあくまでも想像上の話)
b0189215_23404183.jpg

初期のフェーヴには(1914年以前に作られたもの)テューリンゲン州で作られたものが多くあります。
(ただしマットなもの;エクルヴィスやヒトデの形をしたもの等は産地が分かっていないそうです。)
この地方は窯の燃料になる薪の供給源である森があるおかげで、18世紀後半から20世紀の初めには磁器産地として栄え、主に庶民向きの焼き物が大量に生産されていました。
この地方以外でフェーヴが作られていたことは知られていません。
第一次世界大戦の間(1914ー1918年)に この地方の磁器工場は大打撃を受けて閉鎖され、フェーヴの製造も終了したと考えられています。

マイセンのあるザクセン州で作られたことが証明されたフェーヴは今のところないそうです。
Joannèsさんの話ではフランスでもマイセン製フェーヴの話は聞いたことがあるそうなのでそれが日本に伝わってしまったのかもしれませんね。
(しかも初期のフェーヴの大部分はPorcelaine tendre;軟質磁器ですが、マイセン磁器は硬質磁器で別物)

つまり「最初の陶磁器のフェーヴがマイセンで作られたものではない」ことは明らか。

日本のネット上でこのことが言及されているのはごく一部ですが、事実ではないことが書かれたり話されているのが
気になりましたので、ここで取り上げさせていただきました。
[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2009-09-29 23:50 | feve | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/12033780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lecahierbleu at 2009-09-30 20:18
こんにちは!
Ethno-PATISSERIEさんの記事はいつも本当に読み応えがあります。この文章のなかにぎっしり詰まった貴重な情報もいつもきちんと調べられて裏付けをとられて、すごいな~と思います。
マイセン焼きのフェーヴというのは私も初めて聞きました!
そして、なるほど~~~フェーヴが作られている磁器とマイセン磁器では材質が違うのですか!!
今回もすごくすごく勉強になりました。ありがとうございます。

秋が深まってくるとまたガレットとフェーヴの季節がやってきますね。
今からワクワクしています。今年(来年?)もこちらでお会いできたら嬉しいです♪
Commented by hakaseK at 2009-10-01 09:06 x
いつも感心させられながら読んでます。
Ethno-PATISSERIEさんのこだわりに脱帽!

フェーブを巡る歴史的な背景、とっても面白いです。
う〜ん、私も工房巡りしなくっちゃね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2009-10-01 11:57
◎Mikaさん、コメントありがとうございます!
マイセン焼のフェーヴ、Mikaさんも聞いたことはありませんでしたか。
(冷静に考えればフェーヴ製作をお願いしても無理ですよね。なんといっても国立の製陶所ですから。セーヴルだってありえない・・・)
まだまだ陶磁器に詳しくないのでもっと勉強します!

今年もまたAFFのサロンでお目にかかれると嬉しいです。
(午前中パリ着なので午後からになりそう)
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2009-10-01 12:06
◎hakaseKさん、はじめまして。
コメント有難うございます!
更新もあまり出来ず、つたないブログではありますが
見てくださる方が居てくださる思うととても嬉しいですー♪
小さいフェーヴ工房は沢山あって、それぞれが個性的で興味深いですヨ。工房巡り、機会があれば是非!
Commented by M at 2013-04-18 12:18 x
磁器製のフェーヴがマイセンと言う話しは初めて聞きましたねぇ。
でも、結局、最初の磁器製のフェーヴがマイセンと言うのは違ったんですね。フランスのフェーヴをマイセンが制作すると言うのもちょっと無理がある気もしますね。
上の写真はキリストの赤ちゃんの時のフェーヴでしょうか?
おくるみに包まれてるんですね。このコレクションいいですね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-19 09:33
Mさん 写真のフェーヴは赤ちゃんの時のキリストというわけではありませんが、元々はそこからイメージされたものです。クラシックな空豆とbebeのモチーフがやっぱり好き♪
<< Macarons du Dor... châtaignes blan... >>