<< Confiture de gr... ノルマンディーのお菓子「Le ... >>

King cake ; キングケーキ

b0189215_21341614.jpgキングケーキはアメリカ南部のニューオーリンズで
カーニヴァル(謝肉祭)の時期に食べられるお菓子。
初期のフランス人植民者がフランス領ルイジアナに
持ち込んだもので、フランスのエピファニーのお菓子、
ガトーデ・ロワ(ガレット・デ・ロワ)に由来しています。
カーニヴァルの期間は1月6日から、マルディグラ
(四旬節の前日)まで。
ニューオーリンズ・マルディグラはとても有名で、
期間の終盤には連日どこかでパレードが行われている
と言います。
この時期にはあちこちで「キングケーキ・パーティ」が行われ、大きな楕円形のブリオッシュにカラフルなアイシングの
かかったキングケーキを食べ、自分のケーキの中にking cake baby ;ベビー(トリンケットとも呼ばれる。肌色をした
プラスチック製の赤ん坊=幼子イエスで、販売するお店によってオリジナルの陶磁器製のベビーが使われることもある)が入っていたら、次のキングケーキを買うか、キングケーキパーティを催さなければならないという習慣があります。

b0189215_21264982.jpgガレット・デ・ロワに類似するお菓子は、フランス以外にも古くから
存在していますので、色々なタイプのものを食べてみたい!と思っているのですが、現在アメリカに住んでいるガレット好きの友人に
「キングケーキを食べてみたーい♪」と話すと、わざわざ1度自宅に
取り寄せて味見をした上で、帰国に合わせて再度注文して持参して
くださったのです!(感謝)
そのおかげで、今年の3月「キングケーキパーティ」を開催することが
出来ました。
(素敵な場所を提供してくれた友人や、集まってくれた皆さまにも感謝!)

箱を開けるとドッキリする色合いのケーキと様々なパーティーグッズ(プラスチックビーズのネックレス、コイン、
マルディグラガイドという雑誌、CD等々)が沢山詰まっていました♪
b0189215_21221415.jpg

色が派手なのでいかにもアメリカっぽい感じですが、これはマルディグラの伝統的な色でそれぞれに意味が込められていました。「紫は正義、緑は信頼、黄(本来は金色)は力」を表しています。
このキングケーキを販売している「Haydel’s Bakery」では毎年コレクター向けにオリジナルのベビーを作っていると
いうことで、これにはJester ;道化師のベビーが別添えになっていました。
これを中に隠して切り分け、食べたわけですが、途中で、肌色のプラスチックベビーが出てきてビックリ。
(元々入っていることに誰も気付かず^^) と言うことで、女王様が2人になったのでした♪。
(とは言え、クジ運がなくガレットでもフェーヴが当たった試しのない私はこの時もやっぱり当らず…。涙
そんな私に優しい皆さまはネックレス等の付属品を下さったのでした。^^ 感謝!)


b0189215_21415494.jpgb0189215_221072.jpg

はじめに「カーニヴァルの時期に食べられるお菓子」とご紹介しましたが、実際にはこの時期だけの販売ではなく、
このHaydel’s Bakeryでも年中買うことが出来ます。
(本来マルディ・グラ後から復活祭までの四旬節は、節制(食事の制限・肉食の禁止、祝宴等快楽の自粛)をする期間
なので、このようなリッチなお菓子は食べなかったようですが…)

b0189215_22244524.jpgその後、7月になってアメリカの友人から「あのHaydel’s Bakeryがギネスに挑戦する」ということで「9月22日に世界一大きな
キングケーキを焼く」という情報が…。
しかもその記念すべきキングケーキを1箱2切入りで販売する
というのです(「世界一大きいキングケーキ」の証明書付き)。
そして先日、そのキングケーキが届いたという知らせと写真が
届きました♪
マルディグラのテーマカラーではなくて、白いアイシングに2色の
チョコチップで飾ったものでした。お味は変わらず。
(調べたらこちらの日本語のサイトでも紹介されていました)


マルディグラは移動祝祭日なので、来年2011年は3月8日。つまりカーニヴァル期間は1月6日から3月8日までとなります。この時期にまたキングケーキが食べられたらいいなぁ。

にほんブログ村 スイーツブログへ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2010-10-22 22:44 | gateau des rois | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/14265642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chihiring at 2010-10-23 11:05
楽しいキングケーキの会でしたね~!ほんとに貴重なものばかり数々登場しちゃって、感激でした☆
また来年も何か特別な会ができたら♪
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2010-10-24 10:41
◎chihiringさま♥
その節は色々とありがとうございました!
(あの時はPC壊れてup出来なかったので今頃になってしまいました。←遅過ぎ!そんな古いネタは山ほど眠っているんだけど…)
特別な会(あの場所ならいつでも特別な非日常を体験できます^^)、ぜひお願いします~♪
Commented by M at 2013-04-30 10:09 x
ニューオーリンズでカーニヴァルで食べられるキングケーキかぁ。
派手な色でこれは・・・と思ってたら、ちゃんと意味があるんですね。やはり、フェーヴに似た物が入るんだなぁ〜。
素敵なお友達のおかげでキングケーキパーティーできてよかったですね!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-01 09:50
Mさん こんなに大きくかさばるものをアメリカから手荷物で持ち帰ってくださって、本当に感謝感激でした!まわりに素敵な知り合いが居てくださるって人生の宝ですね。
Commented by M at 2013-05-01 10:03 x
ほんと、良い友達ですね。大切な宝ですよね。
私もフランス人の友達とヴァローナの新作のブロンド・ショコラ
Dulceyを食べてみたいねとメールでやり取りしてたら、
先週、わざわざフランスからそのショコラ贈ってくれました!
4ヶ月前の事覚えててくれて涙が出そうになりました!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-02 09:46
Mさん 素敵なお友達ですね。どんな高価なものを貰うよりも、何気ないけど気持ちのこもったそういうプレゼントが嬉しいです。
<< Confiture de gr... ノルマンディーのお菓子「Le ... >>