<< フェーヴ工房 K Patara... フランスの伝統菓子 Tourt... >>

フェーヴ工房 Alain Guillard; アラン ギヤール

b0189215_23304123.jpg昨年11月に訪れた、今は活動していないフェーヴ工房。

場所はブルターニュ、 Morbihan ;モルビアン県の内陸側
にある人口1000人にも満たない小さなコミューン。
Vannes ; ヴァンヌから北北西へ50km近い場所に位置していますが、当然ながら電車もバスも通っておらず…。
何とか交通費を抑えたいとヴァンヌからPloërmel ;
プロエルメルまでバスに乗り(バスならここまで1時間5分、2ユーロ!)、ここから15kmはタクシーで行こうと計画。

あらかじめタクシーの電話番号を調べて行くまではぬかりなく順調だったつもりなのですが、実際に行ってみるとどこを目印にしてタクシーを呼んだらいいのか分からなかったり、電話してもすぐには来てもらえなかったり…。
果たして約束の時間に間に合うのかどうか、もうハラハラ☆ドキドキでした。

b0189215_22434220.jpg何とか無事到着すると、Alain Guillard ; アラン・ギヤールさん
本人が出迎えて下さいました。
最初に通された場所は、かつて作っていた陶器作品や地元の物産品を販売していたお店。現在は使われていないのでかなり雑然とした感じでしたが、この脇に製陶工房が併設されていました。

彼は元々セラミストで実用品や装飾用の陶器の作品を制作販売していましたが、それまで無かったブルターニュをモチーフにしたフェーヴを作りたいと思い立ち、1993年11月、初めてフェーヴのシリーズを販売。
そのブルターニュに因んだフェーヴは地元のパン屋さんに人気があったと同時にフェーヴコレクターにも人気がありました。

アンティークカーの愛好家だったアランさん。
愛好者クラブから車の形やエンブレム等のフェーヴの注文も来るようになったとか。
↑ この方がアランさん。最後まで写真を撮られるのを恥ずかしがっていました^^

彼のフェーヴの特徴は、縁の部分、柄や文字の線がレリーフ(浮き彫り)になったものが多く、いくつかのパーツから成るパズルになっているものも多いこと。多色ではなく、限られた色を1-2色だけ使っていることも特徴的。
b0189215_2354017.jpg

2007年までは毎年製造していましたが、現在は他の仕事が忙しくなってしまった為、いつの完成でも構わないという、ごく身近な人からの注文を受けるのみとなっています。

<ご説明頂いた作り方はこんな感じ>
まずテーマを考えてデッサンを描く。
b0189215_1011121.jpg

次に石膏板に下絵と逆になるようにうつして削り、型を作る。
灰色のリモージュの粘土を型に押し付け、余分な粘土を切り取る。
b0189215_23115092.jpgb0189215_1054377.jpg
↑ ドーナッツ形石膏板を削って型を作る。        この様に立体的な型もある。

8日間乾燥させてから980℃で1回目の焼成
b0189215_2323641.jpgb0189215_23212765.jpg

筆を使って釉薬を施し、960℃で2回目の焼成。
b0189215_2349439.jpgb0189215_052445.jpg
↑ 雰囲気を出すために道具を揃えてくださいました^^    焼成1回目素焼き(右)と2回目(左)

フェーヴの裏側には工房のスタンプが押してあります。
b0189215_23425913.jpgb0189215_23444497.jpg


そんなアランさんがフェーヴや陶器の制作を辞めることになったのは、ブルターニュでかつて使われていた仕事の道具等を集めていた趣味が高じて1985年に始めたEcomusée des Vieux Métiers ; エコミュゼ・デ・ヴュー・メティエ(古い仕事の道具を集めた博物館)でした。古い道具は大好きなので大喜びで見学させて頂きました~♪(ゴーフリエ、シードル用ボル等々欲しいものがてんこ盛り~♥)
b0189215_10192758.jpg

年々展示品が充実して、今では団体客が引切り無しに訪ねてくるようになり、ヴァカンスを確保するのも難しいほど忙しくなってしまったのだそう。職人手作りのフェーヴが大好きな愛好家にとっては残念な限り(涙)。

でもこのような地元の古き伝統を後世に伝えることも大切なことですね!

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2010-11-08 10:41 | feve工房 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/14367727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-04-12 08:29 x
ここのフェーヴが気に入りました!
色も一色でデザインもシンプルでかわいいですね。
でも、残念ですね。活動してないんですね。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-12 13:21
Mさん シンプルで温かみのあるフェーヴですよね。博物館のコレクションも素晴らしいものばかり^^とっても器用な方でした。
<< フェーヴ工房 K Patara... フランスの伝統菓子 Tourt... >>