人気ブログランキング |
<< 「l'idéal ch... 「Les Aristocrat... >>

「Madeleines de Liverdun;マドレーヌ ドゥ リヴェルダン 」

正式名称は「Les Véritables Madeleines de Liverdun ; ヴェリターブル マドレーヌ ドゥ リヴェルダン」。
Liverdun ; リヴェルダンはロレーヌ地方ナンシーの北西、15km程の所にある小さな町。
マドレーヌで有名なコメルシーからもほど近い、電車で30分程の所に位置しています。
b0189215_15165511.jpg


その歴史は…

1914年Joseph Rouvenachtと言うパン職人が、見習いMarcel Chenelを伴って駅前に店を出し
マドレーヌの製造を始めます。
(この当時から既に彼の店を含め4件のパン屋がマドレーヌを製造)
中世の面影を残すリヴェルダンは大都市ナンシーから近く、風光明媚なモーゼル川で水遊びを楽しむ家族連れや
釣り人の集まる観光スポットとなっており、マドレーヌはちょうどいいお土産でした。
10年後の1924年、Marcel Chenel氏は主人の店を引き継ぎます。
(マドレーヌの他にビスキュイ・ア・ラ・キュイエール、マカロンも製造)


この頃リヴェルダンではChenel氏の「Véritables Madeleines de Liverdun」の他に
Vautrot氏の「madeleines de la Gerbe d’Or」とVernier氏の「madeleines de la Tour」の
3種類のマドレーヌが販売されており、競争も激しかったのですが、
駅前で旅行者の交通量も多いChenel氏の店は利用客も多く、次第に有名店となって行きます。
お店で販売するほかにも、行商人たちがナンシーの通りでの販売もしており、これは1960年代まで続いたそうです。

美食家CurnonskyとAustin de CROZE共著「Trésor gastronomique de France(1933年)」という
フランス各地のスペシャリテについて書かれた本の中で取り上げられる等、ロレーヌ地方の菓子として
全国的にも知られるようになりました。

Marcel Chenel氏は40歳の若さで妻と5人の子供を残して亡くなり
第二次世界大戦時のドイツ軍から受けた被害もあった為、製造休止期間がありましたが
1947年、Marcelの長男André によって製造再開。
彼はマドレーヌ製造の他に、コンフィズリー等の卸売業を始めます。

Andréの退職が近づくと医業に携わっていた息子のSergeが家に戻り、3年間父の下で仕事を学んだ後
1998年に店と卸売業を引き継ぎます。
マドレーヌ製造の会社と卸売会社を完全に分離し、2000年に後者を売却。
マドレーヌ一本に絞り現在に至っています。


*******************************************************************


包装に描かれた「笑顔でマドレーヌを食べる老婆」はナンシーの画家、Scherbeckの手によるもの。
ごく初期の1920年代からこのロゴマークが使われています。
b0189215_17371813.jpg b0189215_17432313.jpg
↑ 両方ともScherbeckの描いたお婆さんの絵。左のおばあちゃんがカワイイかなぁ♪


牛乳と焦がしバターを使ったルセットは昔から一切変わっていません。
製造量が多くなるにつれ徐々に機械も導入されていきましたが、新鮮な卵やバターを用いた製造法は手工業のまま。
b0189215_1812466.jpg
↑ 左が マドレーヌ・ドゥ・リヴェルダン、右が新商品のミラベル味。

この町を訪れたのは2006年のこと。なんとも古めかしい小さなお店でマドレーヌ1種類を販売していました。
(「Madeleines de Liverdun」の他にスーパー等の量販店向け商品で使われるバターの質が異なる
「madeleines Chenel」も製造しており、現在はミラベル味のマドレーヌもあります)
b0189215_17563428.jpg
↑ ナンシーにあるPâtisserie St Epvreで売っていたChenelのマドレーヌ

現在でも地元でよく知られた存在で、あちこちのお菓子屋さん等でも見かけられる有名なマドレーヌのお店が
ごく素朴なかつての雰囲気をそのまま残しているというのがなんとも不思議な感じで、貴重にさえ感じてしまいます^^
b0189215_235337100.jpg
↑ ごく普通の外観

製造しているのは、駅から離れた工業地区にある建物内。
b0189215_23572423.jpg

どんな所なのか気になったので探してみると、案外簡単に見つかりました♪
さすがに覗いてみる勇気はありませんでしたが…^^; いつの日か見学してみたいものです。




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

by Ethno-PATISSERIE | 2011-07-24 00:17 | ⑮Lorraine | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/15992893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-03-18 08:42 x
ロレーヌは、ナンシー、メッスと行きました。
ナンシーでは黄金色のベルガモット・キャンディ−しか食べてないだすねぇ。
ミラベルのマドレーヌは珍しいですね。ミラベルは旬の季節が短いからなかなか機会を逃すと食べられませんよね。
プレーンの味とミラベルと食べ比べたいですねぇ。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-03-20 10:01
Mさん ミラベル味は地元の特産品ということで最近になって作られるようになったものだと思いますが、やっぱり観光客の目を引くのでしょうね~^^機会があったら是非♪
<< 「l'idéal ch... 「Les Aristocrat... >>