人気ブログランキング |
<< Chaumont ; ショーモ... 「Madeleines de ... >>

「l'idéal chaumontais ;イデアル・ショーモンテ」というお菓子

一般に「Chaumontais ;ショーモンテ」と呼ばれるお菓子は
バスク地方St Jean Pied de Port ;サン・ジャン・ピエ・ド・ポールのスペシャリテとして(も)知られています。
b0189215_9212922.jpg
後に「l'idéal chaumontais ; イデアル・ショーモンテ」というのが正式名称だと知り「変な名前~」と思ったものです^^
「Chaumontais」とはChaumont ; ショーモンという地名に「-ais(e)」という接尾辞を付けてそこに住む住民を示すと同時に「・・・に固有の(物の場合)」といった意味合いになります。
(例えばJapon (日本)+ais(e)=Japonais(e) 日本人、 最後にeが付くのは女性形)


ショーモン はChampagne-Ardenne地方にある町。「サン・ジャン・ピエ・ド・ポール」とはまったく関係がありません。
それなのにバスク地方でもかなり有名。この町以外でも見かけることがあり、とっても気になるお菓子でした。

ここはローマ時代から重要な砦として栄え、
スペインのサンチャゴ・デ・コンポステラへの巡礼路上にあるため、中世にはスペインへ入る前の巡礼者が集まる
宿場町でした。
現在でも巡礼者が多く訪れ、彼らが安く泊まることのできる宿泊施設もあり、
単なる観光地とは異なる厳かな雰囲気を感じます。
b0189215_917938.jpg


*******************************************************************

さて、この町を訪れたのは2005年。
ちょうど風邪をひいてしまい移動日の朝には熱も出ている始末。
ホテルに着いた後は1日中部屋で寝ていました。
(当日は日曜日。どのお店もお休みですからお菓子屋さんの取材にも幸い問題はなく…^^)

翌日奇跡的に風邪が回復し「Barbier-Millox Artizarra ;バルビエ-ミロックス アルティザラ」へ。
l'idéal chaumontais も有名ですがGâteau Basqueやその他のお菓子も人気があるお店です。
少々長い名前が特徴的。
(「Barbier-Millox」というのは有名だったかつての所有者の名前2つを合わせたものとのこと)
現在の所有者はDaniel Bordaさんで、以前はmeunier(粉屋)だったそう。
奥さまのPatriciaさんも元々パティシエールだったというパティシエカップルです。
b0189215_929209.jpg

彼女にこのお菓子について尋ねると
この店のかつての所有者だったMme.MilloxがChaumontからこの町を訪れた人にこのお菓子のルセットを教わり、製造するようになった
ということでした。


で、どんなお菓子か?と言うと・・・。
メレンゲ+アーモンドパウダーのSuccèsシュクセ生地でプラリネ風味のバタークリームをサンド、表面には粉砂糖が振ってある」というもの。


さて、Barbier-Milloxのショーモンテは丸く大きなアントルメと1人前用の小さくて細長い形。
b0189215_9361896.jpg
↑ 一緒に「Succès;シュクセ(写真下部にある長方形のお菓子」もあって、食べ比べてみなかったことが今さらながらに悔やまれます^^
甘いけれども軽くてとっても美味しい。特にクリームがフワッとしていて更に軽く仕上がっており、私好み。

もう1つ、「Primo」というお菓子屋さんでも購入。
b0189215_9444018.jpg
こちらは大小いずれも丸い形で周囲には香ばしくグリエしたアーモンドスライスをまぶしてあります。
挟んであるバタークリームはプラリネにコーヒーの風味もプラス。甘みが一層強く、ちょっと重たい仕上がり。


よ~く探せば同じようなお菓子はショーモン以外にもフランス各地にあって、今でも根強い人気で作られ続けています。
(20世紀前半に作られるようになったものが多い)

日本のお菓子屋さんでよく見かける小さな小判形のダックワーズ(日本人の三嶋隆夫シェフ考案)も同じタイプ。
「どこがオリジナル?」なのかや「どこが最初に作ったのか?」と言うのを考えるより、
美味しいからあちこちで作られているのねぇ~、っていう準定番菓子みたいな感じ。
(とは言え、同じタイプのお菓子で最初に記述として残っているものはどれか?はとっても気になります)

マカロン系菓子と共に、このダコワーズ系もフランスへ行くたびに有名どころを食べ歩きするようになりましたが、
シンプルでもお店によってかなり印象が変わるのでとっても面白い!



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

by Ethno-PATISSERIE | 2011-08-07 10:07 | ②Aquitaine | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/16074914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-04-23 13:48 x
もうこれ、美味しそうでたまりません!
プラリネ風味のバタークリームって言うのがいいなぁ。
丸いのも美味しそうです!
ダコワーズ系も色々あって楽しいですね。
私も食べ比べしたいなぁと思いました。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-04-24 09:28
Mさん ダコワーズ系菓子は、国や世代を超えて皆が「美味しい」と感じるお菓子だと思います。他のケーキと違って持ち運びしても崩れにくいし、お土産にも最適♪材料は同じでも作り手によってバリエーションがあるとろこもいいのです^^
<< Chaumont ; ショーモ... 「Madeleines de ... >>