<< フェーヴメーカー「Vania ... フェーヴメーカー「Chris ... >>

フェーヴメーカー「Pierre Casenove ;ピエール・カズノヴ」(1979 ?)

1年間だけフェーヴを作っていたメーカー。

Pierre Casenove ;ピエール・カズノヴ氏はサクランボでも有名な南仏の町Céret ;セレ出身のセラミストです。
この当時はBourges ;ブルジュの北東に位置するAchères ;アシェールに工房がありました。
同様の工房製フェーヴとしては先駆者の1人と言えます。
* 恐らく制作年が1979年の1年間で、1980年用(或いは数年販売された可能性有)のフェーヴ30種類程
製造されたと思われる。

b0189215_14573238.jpg
                 ↑ 左からArbre(木)、Théière(ティーポット)、Papillon(蝶)

当時はまだパン屋・菓子屋にこのようなフェーヴを受け入れる体制が整っておらず、
大きさがマチマチだったこともあって、残念ながらあまりよい反響は得られなかったようです。

その為いくつかのフェーヴは穴が開けられ、ボタン等に加工されています。
メーカーのマーク等は入っておらず、裏面が平らにならされていないところが特徴と言えるでしょう。
b0189215_1524899.jpg


現在はジュラ県の自然に囲まれた村に住み、デザイナー、アーティストとして活躍しています。


                                 ※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ

[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-07-19 15:03 | feve工房 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/18670699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-05-10 18:13 x
ここのフェーヴは1年だけの制作だったんですね。
何だか温かみがあっていいですよね。
素敵なデザインをしてるのにあまりよい反響ではないと、残念です!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-11 10:27
Mさん どんな分野でも先駆者というのはなかなか認められないものなのかもしれませんね^^作り手の作りたいものと使い手の欲しいものがうまくかみ合っていなかったかもしれません。
いずれにせよ、フェーヴ制作は細かい作業ですから反響が無いとモチベーションが続かないでしょうから・・・う~ん、やっぱり残念!
<< フェーヴメーカー「Vania ... フェーヴメーカー「Chris ... >>