<< フェーヴメーカー「Michel... フェーヴメーカー「Pierre... >>

フェーヴメーカー「Vania Hrdy ;ヴァニア・ウルディ」(1988 ?-1999)

Vania Hrdy ;ヴァニア・ウルディ」は、現在製造していないメーカーです。
* Hrdy はちょっとカタカナにしづらい名字。発音を知りたい方はこちらでどうぞ

ネット情報によれば、
彼女はセラミストの父とデッサンの勉強をした母の間に生まれ、1988年に陶彫家となりました。
フェーヴ製造のきっかけとなったのは同じCher ;シェール県に工房を持ち、自らも制作していたことのある
Pierre Casenove ;ピエール・カズノヴ氏だったのだとか。
* Pierre Casenoveの工房についてはこちらで・・・。
b0189215_1545848.jpg

初期の作品は繊細で小さい単色のもので、白・黄・ピンク・青・緑・茶の6色が使われていました。
当時のAFF(Association des Fabophiles Français ;フランスのフェーヴコレクター協会)会長
Ghislain POLFER
氏が彼女にAFFの会報誌で紹介することを勧めたとか。
ところがこれらのフェーヴはコレクター向けで、お店で実際に使われることがなかったことから「これはフェーヴではない」
という批判が出て、POLFER氏がAFF用フェーヴとして少量制作することを提案。
そしてこれをあるパティスリーのガレットに入れることで晴れて「フェーヴ」となったのでした^^
* このようにコレクター向けのフェーヴを作る際には、一部をガレットに入れるよう配慮するのが一般的。
* 本来ガレット・デ・ロワに入れるという前提で作られたもの以外はフェーヴと呼ぶことはできません。
さらに厳密に言えば、ガレットに入れられなかったものはフェーヴとは言えないことになります。

b0189215_1552742.jpg
                         ↑ 裏にはマーク等はなく、ほぼ平ら

彼女のフェーヴはどれも非常に美しく、時と共にテーマに沿ったシリーズで作られるようになり非常に精緻な作りに
なっていきます。
そして各フェーヴの詳細なデッサン(デザイン画)があることも特徴と言えます。
このメーカーもあまり出回らないので、私が持っているのは真っ白でマットなものと艶のあるものの2つだけですが
いずれもデザインが独特で美しいフェーヴです。




                                  ※※※



にほんブログ村 スイーツブログへ





<追加>上記フェーヴ、「人魚」のデザイン画(La Feve Royaleの会報に掲載されたもの)です。
ご参考までに・・・
b0189215_11501180.jpg


[PR]
by Ethno-PATISSERIE | 2012-07-22 15:58 | feve工房 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://leroiboit.exblog.jp/tb/18701081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-05-05 14:55 x
ほんと美しい!繊細なラインのフェーヴですね。
緻密なデッサンのなせる技ですね。デッサンも見たいです。
色が無い方がデザインが際立って素敵です。
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-06 11:56
Mさん 持っているフェーヴのデザイン画をupしてみましたので、ご覧頂けると幸いです^^
Commented by M at 2013-05-06 12:41 x
わぁ〜希望に答えてくれて、感激です。
やっぱりデッサンも素敵だからこのフェーヴだなと納得です。
観れて良かったです。ありがとう!
Commented by Ethno-PATISSERIE at 2013-05-07 07:21
Mさん 喜んでいただけて良かったです♪
<< フェーヴメーカー「Michel... フェーヴメーカー「Pierre... >>