人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年はタルト・タタン120周年!

Tarte Tatin;タルト・タタン』 このお菓子のことは、皆様すでによくご存知のことと思います。

Centre-Val de Loire地域圏Loir-et-CherLamotte-Beuvron;ラモット・ブーブロンの駅前に
現在もそのまま残るHôtel Tatin;オテル・タタンで、ステファニーとカロリーヌという2人のタタン姉妹によって考案されたとされるリンゴのタルトです。

その誕生に関しては「失敗によって偶然出来た」という有名な逸話もありますが、真偽のほどは分かっていません。

この町では毎年9月にFoire au Pays de la Tarte Tatin(タルト・タタン祭り) 』が開催されており、
23回目を数える今年は914日と152日間行われる予定です。

b0189215_21124381.jpg
↑ オテル・タタンのタルト・タタン

このフェアでは、以前Confrérie des Lichonneux de Tate Tatin ;コンフレリー・デ・リショヌー・ド・タルト・タタンがコンクールや販売を行ったりしていましたが、訳あって数年前から«association des Ambassadeurs de la Tarte Tatin de Lamotte-Beuvron(ラモット・ブーブロンのタルト・タタン大使協会) »と言う名前の協会がフェアの実行委員会に協力しています。

La plus grande tarte Tatin du monde(世界一大きいタルト・タタン)ギネス記録に挑戦ということで、昨年も同じフェアで実施されましたが残念ながら成功せず、タルト・タタン120周年に花を添える為、今年再挑戦されます!
あと一か月足らずとなりますが、皆さまもどうか注目して、応援して頂ければと思います。


実は以前にも「世界一大きいタルト・タタン」は1987年にFerté-Saint-Aubinで、
その後1998年にはラモット・ブーブロンで挑戦が行われ、この時は350kgのりんごを使って、直径2.53mのタタンが作られました。
昨年と今年は500kgのりんごで直径3mのタタンに挑戦です!

b0189215_20563153.jpg
↑ 1987/09/29付けの新聞記事 ゴールデンデリシャス320kg,生地50kgと記載

さて、タルト・タタンについての詳しいことは別の機会に書きたいと思いますが、
今回はこの「
120周年」についてだけご紹介しましょう。

いつできたかについてもはっきりしていない為、この
120年というのは誕生から数えてと言うわけではなく…
では何か?というと『タルト・タタンについて新聞に掲載され、公に記録が残ってから120と言う意味。

Le Journal紙」18991218付けの一面に掲載されGabriel Hanotaux氏の記事の中で
l
a tarte de Melle Tatin』の文字が見られます。
そこで協会や町ではこの年をタルト・タタンが公けに広く知られるようになった年と考え、
今年を120年の記念の年としているのです。
*ただしコンフレリーは1998年に100周年記念を祝っている。その根拠は不明。

b0189215_18364262.png
↑ Le Journal紙の記事


ということで、日本でも今年はタルト・タタンのお祝いをしたいなぁ~と密かに思っています♪


現地と同じ伝統的な作り方でタルト・タタンを作られているパティシエの皆さま、そして愛好家の皆さま、
120周年のお祝いも込めて、どうかぜひお作り下さい!



※※※






by Ethno-PATISSERIE | 2019-08-17 21:14 | ⑦Centre | Comments(2)